最終更新日:2012年1月23日 10:57

Android版Viberが正式リリース & 認証用SMSが届かない時の対応

このエントリーをはてなブックマークに追加

screenshot-1311165414751

Android版のリリースにより、Android←→iPhone間の無料通話+無料メッセージ送信ができるようになって、ますます便利になった「Viber」ですが、その新規登録方法と、認証用SMSが届かない場合の対処方法をまとめました。

Viber : Free Calls & Messages - Androidマーケット 

※2012/1/23 075~からの着信、留守電テクを追加

※2012/1/18 SMSが届かない場合の対応法(時間がある場合)を追加

※2011/7/20 初出

※ Android版Viberのレビューはこちら → 「Android版Viberを使ってみた & Bluetoothヘッドセットでも試してみた

Viberへの新規登録

まず、アドレス帳へのアクセスを要求してくるので、以下画面でOKを押して許可します。

その後、自分のスマートフォンの電話番号(頭の0は不要。例:080 → 80 )を入れ「Continue」をタップ。

screenshot-1311165429041

しばらくすると、SMSが届くので、そこに書かれているアクセスコードを以下の「Enter code here」部分に入力し「Enter Viber」をタップ。
で登録完了です。

screenshot-1311165468701

SMSが送られて来ない場合(時間がある場合)

次の内容でSMSを直接Viberの窓口に送るとSMSが届くことがあるようです。

宛先:+447781481767
本文:Viber

※国際SMS料金は自分持ちになります。

ただ、この方法でもSMSが届かなかったり、届くのに時間がかかる場合があるとの報告も結構ありますので、その場合は、次の方法を試すとすぐに認証番号を入手できます。

SMSが送られて来ない場合(今すぐなんとかしたい場合)

screenshot-1311165468701

メモの準備をしてから、上記画面の「click here」をタップします。

次の画面になるので、聞き取れる言語(日本語は残念ながらありませんが、数字だけなので英語あたりで)を選択し、「Get Code」をタップします。

screenshot-1311165600831

しばらくすると非通知番号(または、075~)から電話が掛かってきます。

すると、すぐに自動音声で4桁のアクセスコード(数字)を話しはじめるので、正確にメモをとりましょう。

※ 先ほど設定した言語で話されます。

※ 電話に出ずに、留守番電話に残させて後から聞く手も。(コメント欄参照)

Viber を立ち上げ、メモしたアクセスコードを入力し「Enter Viber」をタップ。
以上で登録完了です。

screenshot-1311165468701

この記事への2件のコメントがあります

  1. torico says:

    2年前

    auですとコールバックしか手段がないのですが、非通知ではなく075~からかかってきまして、これに出ると無言のまま切れます。

    もう一度挑戦し、また出てしまうとコードを得られないまま、(次のチャンスまで)24時間が経過するのを待たなくてはなりません。
    あちこち検索してみると、「075~の時は出ずに流すと、その後非通知からかかってきて成功した」というパターンがあるようでした。しかしその後2日間は申請しても、非通知でも075~でもなく、かかってこない、という状況がありました。そして4日目にまた挑戦してみると075~からかかってきまして、切れるまで待つと、伝言を残していったようでauの伝言お知らせメールがきました。1417で留守伝言再生し、4桁のアクセスコードを得られました。075~自体が不具合のようなので、留守電に残すというのは今だけの対処かもしれませんが、ちょっとコツが要る部分ですね。

  2. admin says:

    2年前

    情報をいただきありがとうございます。
    記事に反映させていただきました。

コメントを記入