last update 2014年2月22日 10:35

VirtualBoxを入れたらVMwareのゲストOSに接続できなくなったので共存させる設定

Windows で docker を試したい。と思って VirtualBox をインストールしたら、VMware Player 上のゲストOS(CentOS)に SSH 接続できなくなってしまったので対処。

VirtualBox と共存させるには、VMware 側の「仮想ネットワークエディタ」から、ブリッジするNICを設定をする必要がありました。

まずは、VMware Player で「仮想ネットワークエディタ」を使えるよう設定。

で、vmnetcfg.exe を実行すると、ブリッジ先が「自動」になっていたので、「自動設定」ボタンを押して確認すると…
VMwareNetConfigVirtualBox_4_sh

あ、「VirtualBox Host-ONly Ethernet Adapter」にブリッジされてる…。そりゃダメだろう。
VMwareNetConfigVirtualBox_3_sh

という事で、この画面から物理NIC以外のチェックを外しても良いのですが、
VMwareNetConfigVirtualBox_1_sh

そもそも「自動」を選んでいると、NIC周りの構成変更時に再度、設定が必要になりそうな予感がするので、今回は、ブリッジ先を物理NICに固定しておきました。VMwareNetConfigVirtualBox_2_sh

最後に「OK」で設定完了です。

これで仮想マシンに SSH 接続や、Ping を飛ばせるように。繋がるようになりました。

知ってる人には当たり前の設定ですが、知らない人だと大変だろうなぁ。と思ったので一応、記事にしておきました。

コメントを記入