last update 2012年3月27日 12:42

URLをQRコードでスマホに渡せるChrome拡張機能「QR-Code Tag Extension」

qrcodetagext_eyecatch

PCで今見てるサイトのURLをスマホに送る機能拡張。と言えば、まず思い付くのはChrome to Phoneですが、Googleアカウントにログインしてなかったり、スマホ側が待ち受けになってなかったりすると送信できず、イライラする事があるんですね。

メールで送るという手もありますが、メーラーなりGmailなりを立ち上げて宛先を入力しURLをコピペし送信…なんて事をやってると手数が多くて面倒で、どーしよーかなーなどとモニョモニョ考えておったわけです。

でも、URLをQRコード化してくれるプラグインがあって、そのQRコードをスマホで読めれば、簡単、かつ確実にURLをスマホなどに送れるんじゃ…と思って調べてみたらありました。そういう機能拡張が。

QR-Code Tag Extension – Chrome ウェブストア

https://chrome.google.com/webstore/detail/bcfddoencoiedfjgepnlhcpfikgaogdg?hl=ja&hc=search&hcp=ext

使い方

インストールすると、Chromeの右上にQRコードみたいなボタンができます。

これをクリックするだけで、今見ているページのURLがQRコードで表示されます。

qrcodetagext1

あとはこれをスマートフォンのQRコードリーダーなどで読んでやればいいわけです。

ちなみに、右クリック→「オプション」で、各種設定もできます。

qrcodetagext2

QRコードのサイズ変更や、短縮URL(bit.ly)への対応もできるようです。

長い文章の受け渡しにも

QuickMark QRコードスキャナー」のように、QRコードで読んだ文字をコピペ利用できるAndroidアプリを使っている場合は、長い文章の受け渡しにも使えます。

やり方は簡単で、Chromeの文字列選択→右クリック→「Create QR-Code for this...」をクリックするだけです。

qrcodetagext3

長文を送る場合は、先の設定でサイズを「Extra large」にしておいたほうがいいでしょう。

あまり長すぎるとQRコードが生成されませんが、組み合わせ方によっては面白い使い方もあるかもしれません。

コメントを記入