last update 2016年12月3日 6:17

Amazonプライム会員、年会費1000円オフキャンペーンを実施中。12月4日まで

amazon_prime_1000yen_off_campaign_dec_2016_sh

Amazon.co.jpが、Amazonプライムの初回年会費を1,000円オフにするキャンペーンを実施中です。

通常の年会費は3,900円(税込)ですが、このタイミングなら1年間2,900円(税込)で Amazon プライム会員になることができます。

キャンペーンは2016年12月4日までの期間限定。残り時間は短いので、もともと興味があった人や、年末年始に動画を楽しみたい人は、このタイミングで入会しておくと大変オトクです。

Amazonプライム会員の元を取るならプライムビデオ

プライム会員になれば、Amazon での買い物の際にお急ぎ便が無料で使えるようになりますし、対象エリアなら1時間、2時間配達も便利ではあるのですが、個人的にそれよりもオススメしたいのは、やっぱり Amazon プライムビデオ。

リビングのTVで楽しむには Amazon版Chromecast、というよりは Nexus Player の方が近いSTB「Fire TV」を購入した方がより楽しめますが、こいつがもう「テレビの未来は間違いなくこっちだよなー」と確信が持てる程度にはよく出来たサービスで、様々な映画・番組・コンテンツが見放題。

「内村さまぁ~ず Second」などのAmazonオリジナルコンテンツも用意されており、出演者も有名どころが多用されるなど、ネットコンテンツに有りがちなチープ感も少なめ。「内さま」なんかはパンサー回みたいな神回(傑作回)もあったりとで、余暇の時間をけっこう持っていかれるくらいには楽しめます。

また、芸人が自腹で100万円を賭けて笑わなさを競うという、今話題の松本人志の「ドキュメンタル」もプライム会員ならではのコンテンツになっています。こちらもまだ第一話しか公開されていませんが、Amazonビデオならではのプレミアム感溢れるコンテンツという感じなので、入会したらせっかくなので楽しむと良いでしょう。

プライムビデオを普通のテレビで楽しむには Fire TV / Fire TV Stick がオススメですが、ノートPCのブラウザで再生してHDMIでTV出力する。という方法でも、当面はしのげます。

 

正直なところ、海外ではクアッドコア搭載の最新 Fire TV Stick が発表されたのに、日本国内ではまだ未発売という微妙なタイミングではあるので、Stick 狙いの人は、当面は別の方法でやり過ごしておいて、新型が出たら買うというのがオススメ。

有線LANと4K対応は Stick ではない Fire TV のみ対応ですので、すでに4Kテレビを持っているとか有線LANが欲しいという人は、そちらを購入するしかありません。4K対応版は、海外でもまだ新型が出てないという安心感もありますしね。

よく、年会費ビジネスは日本では難しいと言われますが、Amazon プライム会員の特典は、これまで小売系の年会費会員になったことが無い人にも大変魅力的に作られています。映画や海外ドラマ、さまぁ~ず好きの人なら間違いなくオススメできるので、ぜひこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを記入