last update 2016年12月9日 18:22

Amazonプライムビデオの再生方法の一覧と画質・使い勝手・ビットレートの比較表

ways_to_play_prime_video_sh

Amazon プライムビデオの再生環境について、色々試したり調べる機会があったので、再生方法の一覧とそれぞれの特徴・制約について表形式でまとめておきます。

※ 表中の「スマホ連携」はChromecastのように、スマホからリビングのテレビに連携できる機能。
※ 表中の「ダウンロード」は、作品をダウンロードしてオフラインで再生できる機能。

最高画質安定性
(5点中)
操作性スマホ
連携
ダウン
ロード
FireTV4K UHD5×
FireTV Stick
(デュアルコア)
HD
(1080p)
4×
FireTV Stick
(クアッドコア)
HD
(1080p)
5×
FireタブレットHD
(1080p)
5-
(※1)
Wii UHD
(※2)
5××
PS3HD
(1080p)
5××
PS4 / PS4 ProHD
(1080p)
5××
iOS
(iPhone
iPadなど)
HD
(1080p)
5-
(SDのみ)
AndroidSD5-
(SDのみ)
PC上のChromeHD
(1080p)
3~5
(※3)
××
PC上のEdgeHD
(1080p)
5××
Chromecast再生不可
(※4)
2---
Nexus Player再生不可
(※4,5)
2---
Air Play(※6)2--

※1 第2世代 Kindle Fire はSD画質のみダウンロード可
※2 実機で1080pになったのを見たことがない。なった方、コメント欄にてご報告お待ちしております。
※3 非力マシンだと1080p再生時に一瞬止まることが多い。それが無い環境なら安定。
※4 Google Castでスマホから全画面キャストすれば再生可。ただし画質・フレームレートは下がる。
※5 XDA Developers で公開されている怪しいアプリで再生可。だったが、最近 Android 7.1.1 で確認したら再生不可に。
※6 不安定でアプリ・iOSの再起動が必要になる場合あり。画質・フレームレートも下がる。

画質と再生に必要なビットレート

再生に必要なインターネット接続の回線速度(ビットレート)の目安は、以下のとおりと言われています。

  • SD画質:900kbps
  • HD画質:3.5Mbps
  • HD画質(1080p):7.5Mbps
  • 4K UDH画質:最低15M~25Mbps

実際に色々試してみると、回線速度がギリギリだとプライムビデオはかなり再生環境を選ぶ印象です。

高画質にこだわる方は、回線速度に余裕を持つか、再生環境を変えてみると見られる場合もありますので、色々試すと良いでしょう。

例えば回線が細く非力なマシンでは、Edge よりも Chrome の方が高画質になりやすいが、Edge の方が安定する。などのノウハウがあります。

ただし、各再生環境毎に画質の上限が決まっていますので、そこは意識してください。

ダウンロード時の容量

ちなみにダウンロード可能な端末で確認した場合のダウンロード容量は以下のとおりです。(作品によって前後します)

  • HD画質:0.6GB/時
  • HD画質(1080p):1.8GB/時
  • 4K UHD画質:5.8GB/時

参考情報:

コメントを記入