last update 2017年2月16日 22:24

イオンモバイル5分かけ放題を開始。通話半額。一部プラン値下げも

aeon_mobile_201702_fixed_rate_call_1_sh

MVNO のイオンモバイルは3月1日より、専用アプリからの通話料が半額になる「イオンでんわ」、および、1通話5分以内の国内通話料が何度でも無料になる「イオンでんわ 5分かけ放題」を開始すると発表しました。

「イオンでんわ」および「イオンでんわ 5分かけ放題」は、いわゆるプリフィックス音声通話と呼ばれるサービス。専用アプリからの通話発信のみ割引となる仕組みとなっています。

「イオンでんわ 5分かけ放題」はオプションサービスで月額850円。1通話あたり5分を超える部分は、30秒10円の通話料となります。また、「イオンでんわ」は通常30秒20円の通話料が10円で利用できるようになるサービスです。

イオンモバイルは IIJmio を MVNE としている MVNO ですが、本家とも言える IIJmio に比べて通話サービスのライナップで遅れを取っている状況でした。

今回の音声定額、半額プランの発表はこのような状況を改善するもので、通話系のメニューがネックだったユーザーには乗り換えのハードルが一段と下がることになりそうです。

また、同じく3月1日から、月間20GB、30GBの大容量プランを中心に月額料金の値下げも行うとのことです。

値下げ内容は以下のとおり。

aeon_mobile_201702_fixed_rate_call_2_sh

個人的には、音声SIM 1枚+データSIM 2枚=計3枚のSIMで月間20GB使える「シェア音声プラン」が月額5,000円を切っている点が気になります。

余談にはなりますが、イオンモバイルでは、現在、低速時の通信制限がない「タイプ2」のSIMも選択可能になっています。(ただし、音声プラン以外のみ)

また、IIJmio は余った通信量に応じて料金が割引される「エコプラン」も提供しています。

ソース:

コメントを記入