last update 2017年3月3日 14:15

Nintendo Switch(ニンテンドー スイッチ)レビュー【ファーストインプレッション】

nintendo_switch_photo_review_2_sh

本日発売の任天堂の最新ゲーム機、Nintendo Switch(ニンテンドー スイッチ)を購入したので、まずは写真を中心にレビューをお届けします。

箱を開けると、かんたんな説明書きが。
nintendo_switch_photo_review_5_sh

一番上には、Joy-Con2つとSwitch本体が入っています。基本的にはこの3つだけでプレイできますが、
nintendo_switch_photo_review_6_sh

その下には大量の周辺機器が。nintendo_switch_photo_review_8_sh

同梱物はHDMIケーブル、Nintendo Switch ドック、ACアダプタ(USB –Type C)、Joy-Conグリップ、Joy-Conストラップ。紙の取説はありません。
nintendo_switch_photo_review_9_sh

Joy-Conは本体にスライドして取り付けます。
nintendo_switch_photo_review_26_sh

nintendo_switch_photo_review_27_sh

取り付けるとこんな感じに。
nintendo_switch_photo_review_28_sh

付属のACアダプタ。
nintendo_switch_photo_review_35_sh

端子の形状は USB Type-C です。
nintendo_switch_photo_review_33_sh

ACアダプタの出力は 5V/1.5A、または 15.0V/2.6A。かなりの出力があります。
nintendo_switch_photo_review_36_sh

USB Type-C は Switch 本体下部と、
nintendo_switch_photo_review_37_sh

ドック背面の「AC ADAPTER」端子の2箇所に用意されています。
nintendo_switch_photo_review_41_sh

純正でない手持ちの USB Type-C 充電器も使えましたが、出力不足か充電は遅め。純正品を使った方が速そうな予感がします。
nintendo_switch_photo_review_124_sh

裏面はこんな感じ。楽しげな見た目なので、ブルー&レッドにして良かったです。
nintendo_switch_photo_review_129_sh

下部のスピーカーはかなり横長。
nintendo_switch_photo_review_58_sh

Joy-Conはこんな感じ。
nintendo_switch_photo_review_14_sh

赤い2つのボタンはSL・SRボタン。右の小さな黒いボタンを押しながら外します。
nintendo_switch_photo_review_15_sh

SL・SRボタンはそのままでは押しづらいので、Joy-Con単体で使う場合は、Joy-Conストラップに装着することになります。

ZR/Rボタンもあります。
nintendo_switch_photo_review_16_sh

HDMIでテレビと接続時はこんな感じの構成に。付属のJoy-Conグリップには充電機能はありません。
nintendo_switch_photo_review_45_sh

左はアナログスティック+上下左右ボタン+SL/SRボタン+ZL/Lボタン+「-」ボタン+キャプチャーボタン。右はアナログスティック+ABXYボタン+SL/SRボタン+ZR/RLボタン+「+」ボタン+ホームボタン。サイズは小さいですがかなりの多ボタンです。
nintendo_switch_photo_review_44_sh

小さいので大丈夫かなー。と心配しましたが、軽くプレイした感じだと意外と操作しやすい感じ。

ドックはこんな感じ。
nintendo_switch_photo_review_25_sh

サイドにUSB端子が2つと、
nintendo_switch_photo_review_21_sh

背面を開けると、
nintendo_switch_photo_review_39_sh

USB、HDMI OUT、USB Type-C のACアダプタ端子が隠れています。
nintendo_switch_photo_review_40_sh

蓋を閉めればケーブルを隠しておけるので便利。
nintendo_switch_photo_review_49_sh

設置するとこんな感じ。
nintendo_switch_photo_review_51_sh

本体上部には左から電源ボタン、音量ボタン、大きめの排熱口、ヘッドホン端子、ゲームカードスロットが見えます。
nintendo_switch_photo_review_52_sh

設置時の雰囲気はこんな感じ。意外と悪くありません。プレイ時はJoy-Conは取り外した形になります。
nintendo_switch_photo_review_89_sh

内蔵スタンドで本体は自立可能。
nintendo_switch_photo_review_132_sh

スタンドを開くと、microSDカードスロットがあるのも特徴です。
nintendo_switch_photo_review_130_sh

サイズ比較。左がiPhone 7、右が Galaxy S7 edge。サイズは結構大きめです。
nintendo_switch_photo_review_122_sh

ドックに入れたままでもゲームカードを挿れたり抜いたりできます。
nintendo_switch_photo_review_101_sh

ゲームカード。
nintendo_switch_photo_review_100_sh

裏面。
nintendo_switch_photo_review_99_sh

ゲームカードはかなり小さいサイズです。
nintendo_switch_photo_review_97_sh

本体の初回設定はかなり親切。
nintendo_switch_photo_review_65_sh

これで迷う人はいないのではないでしょうか。
nintendo_switch_photo_review_69_sh

動作も機敏。Wii U は能力的に時代遅れ感があり、後期はかなりイライラしましたが、速度もUIも、かなり今っぽくなりました。
nintendo_switch_photo_review_109_sh

というわけでさっそくプレイ。テレビでプレイして、
nintendo_switch_photo_review_116_sh

ドックから抜くと続きをモバイルで楽しむことができます。
nintendo_switch_photo_review_117_sh

ドック接続時とモバイル時とで結構フレームレートが違うように感じるので、基本的にはテレビにつないで遊んだ方が楽しいかな。という予感もしますが、もう少しプレイしてみないと分かりません。

ニンテンドースイッチは29,980円(消費税別)です。

Amazon などではプレミアム価格になっているので、購入時は注意しましょう。

コメントを記入