last update 2017年5月8日 19:43

片面スキャナーを使って連続両面スキャンする方法(PDFの合成)

scan_both_side_with_single_side_scanner_1_sh

こんにちは。最近、整理整頓がてら、紙データの電子化を進めている管理人です。

本格的なドキュメントスキャナーを持っている人なら要らない情報だとは思うんですが、プリンターに付属の ADF 付きスキャナみたく、片面しかスキャンできない環境で書類をまとめて両面スキャンする方法について紹介しておきます。

ここでは、「PDFSAM(PDF Split and Marge)」というアプリが大変便利なので、これを使った方法を紹介させてもらいます。

片面スキャナで両面の書類をスキャンする流れ

ADF付きの片面スキャナを使って本や書類をまとめて両面スキャンする流れは、大まかに次のようになります。

(※ここでは、スキャナ側にPDF作成ソフトが付属している前提で話を進めていきます。)

  1. 書類の束を最初のページからまとめて片面スキャン→PDF化
  2. 書類の束をそのまま裏返して、最後のページからまとめて片面スキャン→PDF化
  3. (※不要ならこの手順は無視)スキャンする向きを間違えた場合は、PDFSAMで「1」または「2」のPDFを回転
  4. PDFSAMで「1」と「2」のPDFを1ページごとに交互に合成。この時、「2」のページ順は「逆順」を指定

以上です。

文字で書くと分かりにくいですが、慣れればかなりカンタン。

まずは、手順「1」「2」のPDFだけ作ってみてください。そしたら、次のPDF合成手順で完成できます。

PDFSAMでPDFを交互に合成する手順

では、PDFSAM を使ってPDFファイルを1ページずつ交互に合成してみましょう。

まずは、PDFSAMを以下の公式サイトからダウンロードします。

PDFSAMをインストールしたらアプリを開きます。

scan_both_side_with_single_side_scanner_4_sh

アプリが開いたら、次の手順で操作します。

  1. 左側メニューの「交互にミックス」を開く
  2. 右上の一覧部分に、合成する2つのPDFファイルをドラッグアンドドロップ(1つ目のファイルが表紙側)
  3. 2つ目のPDFファイルの「逆順」にチェック
  4. 「実行」ボタンを押す

たったこれだけで、両面スキャンした場合と同じPDFデータが作成できちゃうんです!

PDFファイルの回転も

スキャン時にページの向きを間違えてしまった!という場合は、左側メニュー「回転」から、PDF書類の向きを修正することができます。

scan_both_side_with_single_side_scanner_7_sh

「回転の設定」から回転の向きを90度単位で変えることができるほか、全ページまとめての回転だけでなく、偶数ページ、奇数ページだけの回転も可能。
scan_both_side_with_single_side_scanner_6_sh

最後に「実行」ボタンを押せば、回転されたPDFが出力されます。

「交互にミックス」する前に回転しておくと便利ですが、ミックス後でも修正できるのが嬉しいですね。

コメントを記入