last update

Surface Proの国内販売が正式発表。価格は99,800円から。256GBモデルも

SurfaceProReleased_1_sh

日本マイクロソフトは29日、Windows 8 Pro 搭載タブレットPC「Surface Pro」を日本国内で正式発表しました。発売日は6月7日(金)の予定。

他国に比べ、数ヶ月遅れての発表となった日本版「Surface Pro」ですが、128GB SSD モデルだけでなく、今回、世界初となる 256GB SSD モデルも投入されます。

海外版で不満の多かったストレージ容量の少なさを補い、満を持して登場した。と言えそうです。

※この記事は新しい情報が入りしだい、更新する可能性があります。

日本版 Surface Pro には、「Office Home and Business 2013」(Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook)が標準搭載され、価格は 128GB SSD モデルが99,800円(税込)、256GB SSD モデルが119,800円(税込)。

ただし、キーボードは別売りのため、タッチカバー(9,980円)、またはタイプカバー(10,980円)を別途購入するケースが多そうです。

仕様は以下のとおり。

OSWindows 8 Pro 64bit版
寸法約275x173x14 mm
重量約 907 g
ストレージ128GB / 256GB
ディスプレイ10.6 インチClearType HDディスプレイ
1920x1080(16:9ワイドスクリーン)
10ポイントマルチタッチ
ペン入力ペン同梱
CPU第3世代 Intel Core i5
GPU内蔵Intel HD Graphics 4000
メモリ4GB
Wi-Fi802.11a/b/g/n
BluetoothBluetooth 4.0
カメラ720p HD LifeCam x 2 (前面/背面)
外部端子フルサイズUSB 3.0
microSDXCメモリカードスロット
ヘッドホンジャック
ミニディスプレイポート
カバー端子
センサ光センサー
加速度計
ジャイロスコープ
デジタルコンパス
その他の機能マイク x 1
ステレオ スピーカー
保証1年間
電源48W電源

先行して発売された Windows RT 版とは異なり、過去のソフト資産が活用できる Windows 8 Pro 搭載タブレット。という事で、注目される製品と言えるでしょう。

ただし仕様に関しては、GPSが搭載されず Wi-Fi 位置情報を利用する点、また、Windows RT 版や一般的なタブレットほどバッテリが持たない点には注意が必要です。(未確認ですが、カメラにフラッシュとオートフォーカス機能が無いとの情報もあります。)

SurfaceProReleased_2_sh

マグネットで側面に付けて持ち運べる筆圧対応のペンも付属します。

既存の PC メーカーに配慮してか、Haswell 時代が見えてきた中での発売となりましたが、今回、SSD 容量の強化というおみやげ付きで発表された。という事で、Windows RT 版発表の際に日本マイクロソフトの樋口社長が言った、「Surface RTは、ペースカーである」という言葉が、Surface Pro でもそうなのかどうか、今後、物議を醸しそうです。

コメントを記入