au、LTE障害で通信料金から700円を値引き。謝罪会見。

auincident2013_700back_sh

KDDI は10日、都内で会見を開き、4月と5月で3度続いた LTE 障害に端を発する通信・通話の障害に関して謝罪。対象利用者の通信料金から700円を割り引くと発表しました。

通信障害は、4月27日、5月29日、30日と短い期間に発生。利用者からは、各日ともかなりの長時間に渡り通信ができなかった事に対する不満が数多く上がっていました。

障害発生地域は「東京都、神奈川、山梨」の一部が主。ただし、5月29日の障害については、先の3都県以外でも音声、SMSに影響がありました。(au  関東契約の利用者の一部)

au に関しては、今回の障害問題とは別に、iPhone の LTE エリアに関する優良誤認について総務省・消費者庁からお咎めを受けている他、iPhone 5 では、特に地方での LTE エリアがソフトバンクに比べて狭い件や、エリアによっては LTE/3G 切替時に通信ができなくなる機会・時間が多い事など、実使用感の悪さに対する不満が上がっています。

これら総合的な状況が消費者感情の悪化を引き起こしているのか、ネットでは違約金無しでの解約事例が話題になる事もあるなど、近年の大手通信事業者にはあまり見られなかった現象が起こっている状況です。

今回、au が発表した通信料金からの値引き措置は、移動体通信事業者として近年、異例ともいえる内容であり、au が現状に対して非常に厳しい状態と認識している現れとも取れそうです。

関連情報

via:朝日新聞デジタル

コメントを記入