last update

Google Chrome、初の「Blink」搭載安定版が登場

ChromeBlinkStableRelease_2_sh

WebKit を巡る「いざこざ」から数ヶ月、ついに、新レンダリングエンジン「Blink」を搭載した Google Chrome の安定版がリリースされました。

Windows・Mac 版の両方が対象となっています。

アップデートを急ぐ場合は、Chrome の「Google Chrome について」から入手できます。

ChromeBlinkStableRelease_1

現在の最新バージョンは「28.0.1500.71m」です。(2013/7/10時点)

ChromeBlinkStableRelease_3_sh

公式サイト「Chrome Releases」には、今回の安定版リリースを祝福するコメントも寄せられています。

「産みのApple」と「育てのGoogle」の間で確執があったと言われる WebKit 界隈ですが、Google が WebKit から離脱した事で、各陣営の「ブラウザの競争力」にも少なからぬ影響が出てきそうです。

それは、ユーザーの操作感を少なからず左右する部分であり、それが世界をどう変えていくのか。Google のミッションが Web と関連する中で、個人的には注目される所と思っています。

コメントを記入