last update

スマホ・タブレットの充電にL字型アダプタが地味に便利だった件

microUSB_L_plugReview_9_sh

Android スマホやタブレットを充電する時、microUSB コネクタが飛び出しちゃうのが我慢ならん!と怒りに打ち震えて勢いで買っちゃった「microUSB L字変換アダプタ」が思った以上に良かったので布教。

要は「microUSB の向きを変えるアダプタ」ですな。

もう長いこと使ってますが、今ではコレがないとなんだかイライラするので大変オススメです。

僕が何にイライラしてるのか、は、文字で書いても分かりにくそうなので写真で解説します。

例えばNexus 7(2013)ちゃんってば、充電時、こういう感じになっちゃいますでしょう?(イライラ!)
microUSB_L_plugReview_3_sh

でもL字プラグ使うと、こーゆー良い感じになるんだゼぇー。
microUSB_L_plugReview_4_sh

スマートフォンも、こんな感じで飛び出ちゃうのがっ(イライラ!)
microUSB_L_plugReview_5_sh

ホレ!スッキリしましたでしょ?!
microUSB_L_plugReview_1_sh

やっぱり要りますよねー。こーゆーの。

たかだか数百円ぽっちで超お便利なので、これはもう超々激オススメなワケですよ。

特に活躍するのが、Xperia シリーズみたく側面に microUSB コネクタがある機種を車のスマホホルダーで充電するとき。ケーブルの取り回しが格段に楽になるんです。

また、タブレットをPCの隣に置く時なんかも、充電ケーブルが暴れないので机が広く使えるようになります。

購入時は裏表と向きには要注意

microUSB には裏表があるので、何も考えずに買うと上向きになってしまう機種もあります。(写真はNexus 10)
microUSB_L_plugReview_2_sh

うちの場合、コンセントや充電設備を天面に配置して、そこからUSB充電ケーブルを吊り下げているので困りませんが、左右の向きをよく確認して買ってくださいねー。という事です。

ちなみに、うちで使ってるのは↓の一番左のタイプ。

オスを右、メスを下にした時、microUSB のオス側ノッチ(ツメ)が裏側になる向き(左向きタイプ?)です。

↑のリンクの一番右のものは逆の「右向きタイプ」です。

この手の変換コネクタは microUSB←→microUSB じゃなく、片方が miniUSB の製品も多いので要注意。

また、ケーブルじゃなくてコネクタタイプ+右向き+microUSB←→microUSB のモノは Amazon.co.jp では見当たりませんでした。その場合は、あきらめてケーブルタイプを使う感じですかね。

正直、タブレット端末や、側面に充電端子があるスマホの台数だけあってもいいんじゃないか。と思える逸品だったりします。

余談

実はけっこうな数の買い物をしてたのに、ここ半年くらい忙しくて取り上げれなかった商品がいっぱいありまして。

その中でもこいつは割りと「いい子」だったので、安いものですが優先的に取り上げてみました。

ちなみに今回の写真に写り込んでいるスマホスタンドは↓こちら。

新Nexus 7(2013)みたいな7インチタブレットだと、この手の高さが稼げるスタンドを使った方が長さの絡みでいいと思います。

ちなみにこのスタンドもかなりにのお気に入りの一品なので、気が向いたらそのうちレビューしたいと思っています。ずいぶん前に買ったものですが。

ちなみに厚みの関係で、旧型Nexus 7(2012)にはオススメできませんのでご注意ください。

※2015/4/9 文章ブラッシュアップ

コメントを記入