Windows 8.1パッケージ版10月18日発売、Windows 7パッケージ版は販売終了

Windows8.1Package

日本マイクロソフトは、10月18日発売の次期オペレーティングシステム「Windows 8.1」のパッケージ製品構成と参考価格を公表しました。

今回販売される OS 本体のパッケージ製品は、以下の2種類。

  • Windows 8.1 Pro(オープンプライス、参考価格 25,800円)
  • Windows 8.1(オープンプライス、参考価格 13,800円)

いずれも、32/64 bit 版の DVD-ROM が同梱されます。

日本マイクロソフトによると、今回のパッケージ製品は Windows 7 以前からのアップグレード用途や、新規インストール向けに提供されるとの事。

前回の「Windows 8」発売時は、Windows 7 以前からの安価なアップグレードパスが用意されましたが、今回は、旧OS利用者へのアップグレードパスはどうなるのでしょうか。

なお、Windows 8 ユーザーは10月18日から順次、Windows 8.1 へ無償でアップデートできます。(Windows ストア経由で提供予定)

この他、Windows 8.1 でも DSP 版が出るようなので、自作ユーザーはそちらも要検討でしょう。

ProへアップグレードできるWindows 8.1 Pro Packも

このほか、Windows 8.1 から Windows 8.1 Pro with Media Center へアップグレードできる「Windows 8.1 Pro Pack」(参考価格12,800円)のパッケージ版も提供されます。

これにはメディアは含まれず、「プロダクトキー」のみ同梱されます。

Windows 7 パッケージ版は10月末で出荷終了

今回の発表では、併せて Windows 7 パッケージ版の出荷を2013年10月末で終了する旨もアナウンスされています。

ソース:

最新 OS「Windows 8.1」のパッケージ製品構成と参考価格を発表

 

コメントを記入