last update

Nexus 5にドコモSIMを挿して1ヶ月運用した感想。(+au SIMのおまけ有)

Nexus5withDocomoSIM_3_sh

SIMフリーの5インチスマートフォン「Nexus 5」(LG-D821)にドコモSIMを挿して1ヶ月ほど運用したので、感想やらいろいろを記録に残しておきます。

ついでに au 版 iPhone 5 の nanoSIM も挿してみたので、その結果も残しておきます。

※2013/12/07 文章ブラッシュアップ。1ヶ月使ったのでその情報も反映。

SIMのサイズは「microSIM」

「Nexus 5」の SIM カードは「microSIM」サイズでした。これはドコモでいう「ドコモminiUIMカード」のサイズです。

Nexus5withDocomoSIM_4_revised_sh

Nexus 5 の SIM カードスロットは、付属の専用ピンで開けるタイプ。

iPhone では事務用ゼムクリップでも代用できますが、Nexus 5 のピンは約0.5mm前後と非常に細く、外出先でSIM入れ替えする場合は専用ピンを持っていく必要があります。

Nexus5withDocomoSIM_21_sh

SIMを挿して「mopera U」のAPNを選ぶだけで使えた

ドコモSIMを「Nexus 5」に挿したら、APN設定を「mopera U」にするだけで使えます。

この設定は以下からカンタンにできます。

「設定」→「その他」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」→「mopera U」

Nexus5withDocomoSIM_12_sh

SIMカードにmopera Uの契約が必要

ドコモでスマホを普通に契約した場合のSIMだと、プロバイダ契約は「SPモード」のみケースがほとんどです。その場合、別途、店頭や My docomo から「mopera U」の追加契約(有料)が必要になります。

ただし、SPモードとmopera Uを両方契約している間は「ISPセット割」が適用されるため、プロバイダ料金は月額200円+消費税しか増えずに済むようになっています。(2013年12月7日現在。データ通信料金は定額内の前提。)

余談ですが、実はこの ISP セット割の値引き額が、SPモードの月額料金とちょうど同じに設定されているため、mopera U を追加契約する場合、SPモード契約をあえて解約する理由はありません。

ちなみに、現在は、最初の5ヶ月間は無料になるキャンペーンもやっているようです。

IIJmio、b-mobile、MVNO向けAPN設定がプリインストール

先のスクリーンショットにもあるとおり、Nexus 5 には、b-mobile と IIJmio などのドコモ MVNO 向けAPN設定がプリインストールされています。

IIJmio は SMS オプションを契約するとセルスタンバイ問題の対策にもなっている。という話もあります。また、SMSが使えれば LINE などの登録も楽でしょう。

SIMを挿してAPN選択だけで使えるプランなら、楽で大変良いかもしれません。

お約束のSPEED TEST(ドコモSIM+Nexus 5)

この文章を書いている場所はLTE基地局の「谷間」みたいな所でして、電波が薄く、アンテナピクトが1本とか2本の過酷な電波状況なのですが、それでも一応、こんな感じの結果にはなりました。

Nexus5withDocomoSIM_14_sh

Ping 57ms、ダウンロード10.23Mbps、アップロード2.71Mbpsと、この電波でこの結果ならまぁいいか。という感じ。

公式情報によると 800MHz LTE には対応していない。との事なのですが、あまりにも快適だったので、実際に800MHz Xi エリアに行って確認してきました。そのときのレポートは次の記事にまとめてあります。

au版iPhone 5 の SIM は使えず

Nexus5withDocomoSIM_16_sh

こっち系はあまり知らないのでとりあえず試してみた、というレベルですが、au版iPhone 5 の nanoSIM は「Nexus 5」では挿しただけでは使えませんでした。

KDDI の場合は APN じゃないという話だった気はしますが、一応画面を見てみるとこんな感じに。

Nexus5withDocomoSIM_20_sh

SIM のサイズが違うのでnano→microの変換アダプタをかませました。

Nexus5withDocomoSIM_19_sh

という事、手元の遊んでるドコモSIMでしばらく運用してみることに。

一ヶ月程度、ほぼメインマシンとして使ってきましたが、非常に早いし安定している。というのが率直なところです。

特に、Google マップナビと音楽再生をさせながら、Bluetoothで車に音声を飛ばす。というような、マルチタスクの快適さは特筆すべきものがあります。

私は都市部に住んでいる。という前提にはなりますが、800MHz Xi に対応していない。という事で気にしていた電波状況も、実際に使ってみると、移動中、建物内など、どの状況でも実使用感として手元の Xperia Z と比べて概ね快適と言って差し支えない状況です。

持った時の高級感やカメラ性能。など、エンターテイメント性という観点からはもっといい端末はあると思いますが、かなりお安く運用できる実用的な端末。という意味では、注目に値する選択肢なのではないか。と思います。

 

この記事への1件のコメントがあります

  1. 【10/28~11/3】先週のWebクリップ | キノめも says:

    6年前

    […] Nexus 5にSIMを挿してみた。ドコモSIM(+au SIMのおまけ有)で試した話 | TeraDas-テラダス […]

コメントを記入