iPhoneを首から提げましょう!首提げ型iPhone5/5c/5sレザーケース レビュー

「iPhone は裸で使うべし!ケースなど邪道ォォ!」

そんな声も聞こえてきそうですが、でもまぁ、自堕落極まる私レベルになってくると、もう、つぶやくにせよ、カメラを使うにせよ、ポケットから iPhone を出すこと自体が億劫だったりするもの。

という事で今回は、3GS の頃から代々愛用している「iPhoneを首から提げるレザーケース」を紹介しておきます。

ものとしては↓こちら。HUKURO ブランドの栃木レザー製「 iPhone 5S/5C/5 オイルレザーケース/本革」です。

ちなみに iPhone ケース部本体と、ストラップ部は別売りなので要注意。

JacaJaca_iPhone5Case_16_sh

このシリーズのケースは、iPhone3GS, 4, 4s, 5, 5sと徐々に改良されてきました。

例えば、ケースを閉じる「留め具」1つを取っても、金属を使うと本体に傷が付いちゃうから…という事で3GS 時代はマジックテープだったわけですが、個人的にはそのマジックテープが不満で…。と思っていたら、4,4s時代にはちゃんとホックボタン式に改良されていたり。しかも、なるべくiPhoneの本体に傷がつかないよう、皮を伸ばして本体枠外でボタン留めする等、いろいろなアイデアが盛り込まれていたり。とか。

そういう創意工夫ができるケースメーカーである、というのも、私が今までこのケースを使い続けている理由です。

まずは外観から。

表。

JacaJaca_iPhone5Case_13_sh

 

裏。

JacaJaca_iPhone5Case_1_sh

 

スリープボタン部はこんな感じ。

JacaJaca_iPhone5Case_27_sh

JacaJaca_iPhone5Case_28_sh

スリープボタン部の皮がケース端の曲面に沿って曲げてあるので、そこを押すとスリープボタンを押すことができます。
昔のモデルはこの革が固くて、革が馴染むまでスリープボタンが押しづらかったのですが、5sモデルからは予め皮が柔らかく処理されているので簡単に押すことができます。

もちろん、ケースを装着したままLightningコネクタにアクセスできるよう、コネクタ部は穴が開いています。

JacaJaca_iPhone5Case_17_sh

ボリュームボタン上には、★マークが。

JacaJaca_iPhone5Case_25_sh

 

一ヶ月使用して、皮がほどよく馴染んで光沢が出てきました。

JacaJaca_iPhone5Case_24_sh

JacaJaca_iPhone5Case_29_sh

裏面の「縦の出っ張り」がケースを持った時にほどよく指に引っかかり、たいへんホールドしやすくなっています。
また、机の上などに置いた時、この出っ張りのおかげで、ホックボタンやケース留めの金属部が硬い机の表面に直接当たらないようになっており、iPhone本体に傷がつくのを防ぐ仕組みになっています。
こういった気遣いがiPhoneラヴァーズには嬉しい!

カメラ部分アップ

JacaJaca_iPhone5Case_26_sh

 

ストラップの長さも調整可能です。

JacaJaca_iPhone5Case_19_sh

 

リングとナスカンを使って、工夫次第でいろいろな使い方ができます。

JacaJaca_iPhone5Case_20_sh

 

首から下げるとこんな感じで両手が空きます。

JacaJaca_iPhone5Case_32_sh

ちなみにiPhoneの上の白いのはクリップで、映画のチケットとか電車の切符とかを持っているとき、ちょっと両手を空けたいときに挟んでおくのに使います。付属品じゃなくて私のカスタマイズ。

その上の黄色と橙色のは、ラバーコーティングされたフレキシブルワイヤみたいなもので、好きな形に曲げて使うことができます。今のところ電源コードとかをまとめるコードストラップ程度にしか使ったことがないですが、民族衣装的な雰囲気が出るので付けてあります。これも私のカスタマイズ。

 

別売り品ですが、上記のストラップの代わりに、これをつけることで、ベルト等にぶら下げられます。。

JacaJaca_iPhone5Case_22_sh

 

上記ストラップの延長ストラップ。肩の斜めがけもできるようになります。

JacaJaca_iPhone5Case_23_sh

 iPhoneを首から提げるならオススメ!

iPhoneを首提げしたいのであれば、この商品はオススメです。4sまではコネクタ部にぶっさして強引に首サゲしちゃうようなストラップ(AppleStoreの店員さんも使ってましたよね…)もありましたが、個人的にはそれこそ邪道だったんですよね。

ということで、今では一点を除き、非常に気に入ってこのケースを使っています。

その気に入らない点とは…メーカーが、「皮の固定のために両面テープでiPhoneとケースを固定してください」と推奨していること(笑)。

説明書に、「iPhone側面と、ホームボタンの両脇に両面テープを貼って、皮を固定して使ってください」と書いてあり、ご丁寧に両面テープまで同封されています。
It's 邪道ゥゥゥゥゥゥ!!!!

縦長な iPhone 5 / 5s / 5c ですから、確かに皮の馴染み具合では横広がりに型くずれしてしまうのを避けたいのは分からんでもないのですが、両面テープとはこれいかに!

やはりそこは、このメーカーに肩入れしている者としては、ひらめきや工夫で乗り越えてもらいたい! 両面テープじゃなくて!
私は使いませんよ両面テープなんて! まあ、皮はその形で一度馴染んでしまうとよほど変なことをしない限り型崩れすることはないので、iPhoneの形に馴染むまで撫でてあげればいいんです。それも革製品の醍醐味というもので。

 

と、最後にiPhone好きでしかも革製品好きな人間の立場から苦言を呈しておきましたが、気にならない人は両面テープを使ったほうが型くずれしなくて良いと思います。一度ケースに入れてしまったらそうそう出し入れするものでもありませんしね。

(文: ふるはし)

コメントを記入