last update

キヤノンのプリンタ「MG5430」がエラー6000番を吐いたので修理してもらった

CanonMG5430_Error6000_10_sh

こんにちは、相変わらず良くモノが壊れる管理人です。

年賀状印刷やらなんやらで活躍するはずのこの時期だというのに、今度は、今年買ったばかりのプリンター、キヤノンの「PIXUS MG5430」が動かなくなってしまいました。

症状としては、電源を入れると5秒くらいでサポート番号6000番とかいう謎のエラーを吐き、印刷指示はおろか、スキャンも何もできない状態になってしまう。というもの。

CanonMG5430_Error6000_9_sh

起動時に耳を澄ますと、一瞬、中で何かが動こうとするんだけど動けず。みたいな音が聞こえる気がするので、何らかの稼働部品の問題かなぁ。とも思ったのですが、詳細は不明。

とりあえずキヤノンのサポートのウェブページを見てみると、

  • プリンタの手前に邪魔なものがあったら除けて。
  • 電源オフ後、コンセント抜いてもう一回電源入れて。
  • 電源入れ直して。
  • それでダメなら修理だよ。

と、なんだか随分とシンプルな対処法。

という事は、これはもうダメって事なんだろう。と思いながらも一応ひと通り試して、やっぱりダメだったので、キヤノンサービスセンター名古屋に電話の上、持ち込み修理していただく事にしました。

宅配便で送る手もあったんですが、どうしても週末までには直したい。という思いがあったのと、保証期間内でも送付時の送料はかかる。との事だったので、色々勘案の上、持ち込む事にしました。

場所は、名古屋市営地下鉄 伏見駅 近くの「名古屋インターシティ」2Fでした。

CanonMG5430_Error6000_3_sh

いい場所に入ってるなぁ…。車で行くなら郊外の方がありがたいんだけど…。

なかなかに地価の高いところだけあって、駐車上は有料。30分250円。隣の30分400円よりはマシですが、機械式駐車上なので、車の出し入れにはそれなりに時間がかかりました。

CanonMG5430_Error6000_4_sh

サービスセンター内は撮影禁止だったので、写真は撮っていません。

センターに入ると正面にカウンターがあり、プリンタをそこに置いて、すぐに修理受付してもらえました。

受付のおじさまによると、「勘だけど、多分クリーニングユニットの不具合なんじゃないか。」とのこと。やはり修理が必要なようです。

修理はここでするの?と聞くと、別の場所に送って、そこで修理する。との話。そりゃ、こんな地価の高い所で修理しないよな。と思いながらも、間に合うかしら…と若干不安に。

持ち込んだのは月曜日だったのですが、でも、この症状なら金曜までにはなんとかお渡しできる。との頼もしい答えをいただいて、サッと手続きをして、ものの10分で帰りました。

修理早い!

その後、修理完了の連絡が入ったのは、なんと水曜日。月曜に出して水曜とは。想定外の早さでした。今どきこんなものなんでしょうか。

修理上がりが金曜なら取りに行こうかと思っていたのですが、あまりに早かったのと、返送時の宅配便料金はキヤノンさん持ちという事だったので、配送していただく事に。

修理票を見ると、受付の方がおっしゃったとおり、パージユニットの不具合だったようです。

CanonMG5430_Error6000_6_sh

保証期間内だったのでお値段は無料。

梱包も非常に丁寧で、開けるのが少し大変だったくらい。

CanonMG5430_Error6000_5_sh

ちゃっかり互換インク警告の紙まで入ってました。僕はいつもニコニコ純正品を使っているので、一瞬「むっ」と思いましたが…。

CanonMG5430_Error6000_8_sh

プリンタメーカーと言えば、なんかインクで儲けててイメージ良くないなー。的な思いもなくはなかったのに、これまでの中でもトップクラスの対応で、トータルでは非常に満足の行く対応でした。

壊れさえしなければ、こんな手間もかからなかったわけですが、工業製品だから壊れる事はあるんでしょう。きっと。

コメントを記入