ソフトバンク、音声+パケット新定額の「スマ放題」を内容改定

SoftBankSumaHoudai2014

ソフトバンクモバイル株式会社は、4月21日より導入予定としていた音声通話とパケット通信をセットにした新定額サービスの内容改定と、名称を「スマ放題」とする事を合わせて発表しました。

改定内容は以下の通り。

  1. 定額対象となる1カ月当たりの通話
    Sパック :3分/50回 → 5分/50回
    M・Lパック:5分/1,000回 → 10分/1,000回
  2. 定額対象となる通話を超過した際の通話料金
    30円/30秒 → 20円/30秒
  3. ソフトバンク携帯電話宛ての国内音声通話
    → 無料(午前1時~午後9時)

これにより、「スマ放題」の最新サービス内容は以下のとおりとなります。

SパックMパックLパック
国内音声通話5分以内(月50回まで)10分以内(月1,000回まで)
超過音声通話料20円/30秒
パケット通信月間2GBまで月間7GBまで月間15GBまで
超過パケット通信料(※)250円/100MB (2,500円/GB)125円/100MB (1,250円/GB)100円/100MB (1,000円/GB)
月額利用料5,980円6,980円9,980円
S!ベーシックパック(別途必須)300円
専用基本料(別途必須)1,960円、または、980円(2年縛り)

※通信量超過時、通信料不要で128kbpsの低速通信が使えるサービスが別途オプション(月額300円)で用意される。

例えば、月間7GBまでパケット通信可能な「Mパック」の場合、基本料金(2年縛り)と、Sベーシックパック込みで、月額8,260円(税別)から。となります。

発表当初に比べて内容が改善されたとは言え、今までと同じ量のデータ通信ができるプランが税込み9,000円近く、ということで、正直、かなり高い印象は拭えません。

細かい通話をコンスタントにたくさんする人でなければ選ぶ理由は無いのではないでしょうか。

なお、「スマ放題」開始を記念して、M・Lパックの月額利用料が6ヶ月間1,000円引きとなるキャンペーンも実施するとのことです。

関連記事:

コメントを記入