last update

iTunes Matchが国内上陸。年額3,980円

iTunesMatchJapanReleased_01_sh

アップルは、クラウド型音楽サービス「iTunes Match」を国内でも開始しました。

海外で既に展開されていたサービスの国内展開で、日本版は年額3,980円と高めに設定されています。(米国では24.99ドル = 約2,600円)

現時点での対象機種は、Mac / iPhone / iPad / iPod touch / Windows PC / Apple TV。

アップルによると「iTunes Match」は、CDから取り込んだ音楽データを iCloud 側のデータとマッチさせる点が特徴。クラウド側に既に存在する楽曲であればアップロード時間を大幅に短縮でき、また、端末側の音楽データの質が悪かった場合は、クラウド側でマッチさせた高音質な音源(256Kbps / AAC)を再生できる点を利点として挙げています

同じく海外で展開済みの競合サービス「Google Play Music」は、端末側の音楽ライブラリを丸ごとクラウドに上げる「ロッカータイプ」のサービスとなっており、初回アップロードには大変な時間がかかります。が、一度アップしてしまえば、CDからのリッピングデータや自前持ち込みの楽曲であれば無料で利用できる利点があります。

「iTunes Match」の今回の価格設定がユーザーからどのように捉えられるか、気になるところです。

余談ですが「Google Play Music」は、現在、国内IPアドレスからは申し込みできない状態になっています。これは、先に述べたロッカータイプのサービスである事と本邦著作権制度との整合に関連しているものと推測されていますが、実は、申し込みのみ米国IPアドレスを使ったVPN経由で行えば、それ以降はVPNを使わなくても国内から利用できてしまう仕様となっている。という事は、頭の片隅に置いておいても損は無いでしょう。(※Windows / Android の場合。iPhone アプリは国内から通常ダウンロード不可)

北米では iTunes 経由での音楽売上減少が伝えられるなど、悪い兆候が見られる近年のアップルの音楽配信ですが、今回のサービスが受け入れられ、新たな収入源となるかが注目されます。

そのような背景の中、新たな収益源の確保を目的に、他のデバイス、具体的には Android 版  iTunes アプリの展開もありうる状況。との憶測も飛び交っています。

ソース:
Apple - iTunes - iTunes Match

コメントを記入