last update 2018年1月10日 16:44

CentOS 7.3で/bootの残容量が減ってきたので対処(Cent OS 6.5も)

CentOSBootFileSystemInsufficient

Cent OS 7.x / 6.x 環境でSSDの /boot の空き領域が少なくなってきたので対処メモ。

監視システムのレポートを見ていたら、この空き容量では次回のカーネルアップデートがコケそうだったので事前に対処しておくことに。

df コマンドで確認すると、/boot が80%超え…。うーん。手狭です。

$ df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/vda3        18G  4.7G   13G  28% /
tmpfs           939M     0  939M   0% /dev/shm
/dev/vda1        98M   75M   18M  82% /boot

インストール済みカーネルの一覧を確認すると、kernel が3世代入っています。

$ rpm -q kernel
kernel-2.6.32-431.el6.x86_64
kernel-2.6.32-431.5.1.el6.x86_64
kernel-2.6.32-431.11.2.el6.x86_64

これでは容量的にキツいので、最新2世代だけを残すことにします。

yum-utils がインストール済みである事を確認。入ってなければ yum install しておくこと。

$ yum info yum-utils

package-cleanup で古いカーネルを削除します。(--count は残す世代数(現世代含む)。デフォルト値は2)

# package-cleanup --oldkernels --count 2

このとき、「not removing kernel … because it is running kernel」というエラーが出る場合は、削除対象に実行中のカーネルが含まれています。

$ uname -a

で、実行中のカーネルを確認しましょう。
ひょっとすると、前回のカーネルアップデート後に再起動が必要だったかもしれませんよ。

最新カーネルだけにすると有事の際に困りそうなので、最低でも最新2世代くらいは残しておいた方がよいとは思いますが、環境によってはもっとカーネルアップデートの都度、安定稼働を見届けてから今回の作業をした方が良さそうです。

という事で、次回新規サーバをセットアップする際はちょっと気をつけよう…。

コメントを記入

CAPTCHA