last update 2017年6月22日 15:49

ChromecastでAndroidの画面を丸ごとテレビに表示する方法(キャストする)

AndroidFullScreenCastWithChromecast_1_sh

「画面のキャスト」機能を使って、Android の画面を丸ごとテレビに映す方法です。

見出し画像のような、スマホで撮った「とくダネ写真」をみんなに見せるときや、キャストに対応していないアプリの映像をや Google Home / Chromecast / Nexus Player / Android TV に対応したテレビに映すときに便利と思います。

※2017/6/22 誤字修正
※2017/3/29 文章ブラッシュアップと最新化

画面の回転制御アプリを入れておくと便利

本題に入る前に、画面の回転制御を楽するこちらのアプリをスマホにインストールしておくと色々と捗ります。テレビは横長画面ですもんね。

Androidの画面を丸ごとテレビにキャストする方法

その1:「Google Home」アプリからキャストする方法

まず最初に、最新の Google Home アプリをインストールして開きます。

アプリの画面左端→内側にスワイプしてナビゲーションドロワーを開いて、「画面や音声をキャスト」をタップ。

その後、キャスト先を選んでタップすれば、Android の画面がテレビに表示されます。

たったこれだけ。

Google Home アプリが最新版でない場合や、全画面キャスト非対応の機種では「画面や音声をキャスト」が表示されない場合もありますが、こちらの方法が一番多くの機種で使える確実な方法と思います。

その2 :「クイック設定」からキャストする方法

設定・機種によっては使えない場合もありますが、通知領域の「クイック設定」からのキャストも楽な方法です。

やり方は簡単で、通知領域を二回下にスワイプしてドロワーを表示し、「キャスト」 or 「画面のキャスト」 or 「Play To」をタップします。(表示されない場合は、「クイック設定メニュー」やペンのアイコンから機能追加することもできます。)

あとはキャスト先を選べば、Android の画面がテレビに表示されます。

以上。

うまくいかない場合は、Google Home アプリを最新版に更新してみましょう。それでもダメな場合は、Google Home アプリを終了して再度開きなおしてみましょう。

ちなみに、同一 Wi-Fi ネットワークに接続する他のスマホ等に Google Home アプリをインストールして、かつ、キャストに一度でも成功していれば、その他の端末でのキャストの初期設定や Google Home アプリのインストールは不要なようです。

キャストを中止する方法

テレビへのキャストを中止するには、通知領域→「画面のキャスト中」をタップ(ここから直接「切断」できる場合もあります)

「切断」ボタンをタップすればOKです。

画面のキャストって「使いもの」になるの?

Chromecast などの Google Home デバイスは、通常、クラウドから直接コンテンツを取得・再生する仕組みとなっており、スマホはただのリモコン代わりという位置付けになっています。しかし、今回の「画面のキャスト」は、Android の画面に表示されている内容をそのままテレビに圧縮・転送する点で、通常のキャストとは大きく異なります。

「画面のキャスト」はキャスト中、Android 端末を専有してしまうという欠点がある反面、ニコニコ動画などの Google Cast 非対応アプリや Gyao などのキャスト非対応動画であってもテレビで再生できる、という利点もあります。

「画面のキャスト」は画面をリアルタイムで圧縮・転送するというかなり重い処理を行っているため、機種にも依りますが、動画やゲームなどの重めのコンテンツでは、スマホの動作が若干不安定になる場合もあります。また、これも機種によりますが、バッテリをかなり消費しますので、通常のキャストと適材適所で使い分けるのが良いでしょう。

ちなみに、「画面のキャスト」の軽さには端末の速度だけでなく、ハードウェアアクセラレーションの有無も影響してくるようです。一概には言えませんが、例えば Intel 系の SoC を搭載したスマホやタブレットでは重いような気がします。

AndroidFullScreenCastWithChromecast_6_sh

ちょっと逸れますが、個人的には、7インチタブレットを横画面にして使うと、気分が良いです。
AndroidFullScreenCastWithChromecast_7_sh

7インチタブレットの画面はテレビでも見やすく、意外と親和性が高いんですよね。あと、Android は横画面をしっかりとサポートしているアプリが多い点も、テレビとの相性の良さを感じます。

電波状況がよくなかったり、バックグラウンドでアプリのアップデートをしていると重くてイライラすることもありますが、そうでなければ軽い3Dゲームも表示できるので、色々と試してみるとよいかもしれません。

気になる遅延や使用感は?

重い処理ではあるのですが、ハードウェアアクセラレーションが使える機種であれば、遅延は割と少なめです。

機種や状況にも依りますが、早い機種ならコンマ数秒~0.5秒程度といったところです。

遅延に関しては、画面をみんなに見せる分にはさほど気になりませんが、外部ディスプレイの代わりにできるレベルかと聞かれれば、答えはNO。

外部キーボードとマウスを繋いでリモートデスクトップ端末に…と考える人は諦めた方が無難です。

しかし、軽いコンテンツであればほとんどの機種で快適に使える方法なので、写真やWEBなどをみんなで共有するのには便利な方法だと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Chromecast ブラック
価格:4978円(税込、送料無料) (2017/3/29時点)

 

参考資料:

この記事への1件のコメントがあります

  1. kenken says:

    3年前

    ニコニコ動画非公式ですが、chromecast対応してますよ~
    https://chrome.google.com/webstore/detail/nicocast/eenipglaffhnoinogndbmbdkmdlcedal?hl=ja

コメントを記入