last update 2018年5月17日 0:00

特定Wi-Fi接続時だけデータ通信量を節約する「ネットワーク制限」「モバイルアクセスポイント」機能【Andriod】

hotspot_sizeXS

「自宅の Wi-Fi の時はいいんだけど、スマホのテザリングに繋いでる時は大きいデータ通信やバックグラウンド通信はやめてね!」

という設定ができる Android の「ネットワーク制限」または「モバイルアクセスポイント」機能を紹介しておきます。

なんか意外に知られてない気がしたので…。

通信量節約などに便利な機能と思いますよ。

今回の方法で指定した Wi-Fi アクセスポイントは「従量制のWi-Fiネットワーク」と見なされ、モバイルネットワークと同じ扱いになります。

 

設定方法は以下のとおり。

(※設定方法は、機種や Android のバージョンによって変わります。確認済みパターンを複数挙げましたが、必要に応じて読み替えてください。)

Android の「設定」→「接続」→「データ使用量」、または「データ使用」をタップ

(※「データ使用量」が「設定」直下の場合もあります。)

「ネットワークを制限」を開きます。

(※「ネットワークを制限」がない場合は、右上のメニュー →「モバイルアクセスポイント」、または「ネットワーク制限」を開く)
AndroidReduceTetheringData_3_sh

通信を制限したい Wi-Fi の SSID にチェックを入れます。

設定は以上です。

古い機種では使えない場合もある設定ですが、データ通信量の削減には効果のある設定と思います。

通知周りも含めて基本的には問題はないとは思いますが、使用上問題があった場合は、設定を戻せばOKです。

検索用キーワード:指定した Wi-Fi での Google Play ストアの「アプリの自動更新」停止、IIJmio

※2018/5/17 記事最新化、新記事扱い

コメントを記入