last update 2014年11月3日 11:12

Intelマップに線が引ける!IITCmのDraw ToolをAndroidで使う方法【Ingress】

UseDrawToolOnIITCm_7_sh

超お便利な Ingress 向け勝手 Intel マップ「IITCm」で、線や多角形が書ける機能「Draw Tool」を、Android スマホやタブレットで使う方法です。

PC版なら動くのに、スマホだと動かないんだよねー。という人にどうぞ。

とは言っても方法は単純で、「タブレット・スマートフォンに外部マウスを接続する」だけ。

UseDrawToolOnIITCm_12_sh

Android にマウスをつなぐ方法は、次のいずれかになります。

  1. 有線マウスを「USBホストケーブル」を使って Android に接続
  2. 「Bluetoothマウス」を Android に接続

Bluetooth マウスの方が手軽に使えますが、手元にPC用のマウスがあるなら「USBホストケーブル」の方が安上がりです。

 

IITCm で Draw Tools を有効化するには、「Settings」→「IITC Plugins」→「Layers」→「Draw tools」にチェックを入れます。
UseDrawToolOnIITCm_13_sh

Android にマウスを繋げば、デスクトップ版+Draw Tool プラグイン同様、こんな感じで線を引けるようになります。
UseDrawToolOnIITCm_5_sh

他にも、多角形を書いたり…
UseDrawToolOnIITCm_6_sh

プレイスマーカーも置けます。
UseDrawToolOnIITCm_8_sh

縮小拡大しながら長いラインを正確に引いたり、既存リンクやCF、ポータルとの位置関係を確認できるのが利点です。
UseDrawToolOnIITCm_10_sh

Ingress でリンク計画を立てる際や、お邪魔リンクが張られてリンクが張れない場合の原因究明に役立つと思います。(後者は必要なら Cross Links プラグインも使う感じになるかもですが)

ちなみに Bluetooth マウスだと候補はこんなところでしょう。

この記事への2件のコメントがあります

  1. とーー says:

    4ヶ月前

    IITCは規約違反じゃないよ?NIAの人がインタビューでそう答えてるよ?なんで嘘書くの?

  2. ひろも says:

    4ヶ月前

    コメントありがとうございます。
    この記事を執筆した2014年当時は、IITCはグレーと言われていた経緯があります。
    勝手クライアントやそれ用のプラグインが原因で、サーバー側に意図せぬアクセスや負荷がかかるということは良くある話であり、当時としてはウソではありません。
    検索して出てくるかは不明ですが、実際にBANされた人もいます。
    現在は、IntelMapサーバー側の対策がかなり進んだこともありますので、NIAの中の人も容認するようになった。ということことかもしれません。
    記事最新化のメンテという意味でも、ご指摘の箇所については記述を削除させてもらいました。
    よろしくお願い致します。

コメントを記入

CAPTCHA