last update

Google、Gmail統合の新メッセージオーガナイザ「Inbox」を開始

GoogleInboxStartWithAnInvitation_2_sh

Google は、Gmail・Hangout・Google +・リマインダ・Google Now など、日頃扱う大量のメッセージや通知を統合的に扱う新サービス「Inbox」を開始しました。

Android / iOS 向けアプリと、PC 向けの WEB 版とが用意されています。

現時点で「Inbox」はまだ一般公開されておらず、招待制となっています。

招待をリクエストするには、公式サイトの「REQUEST INVITE」から「inbox@google.com」宛にメールを送ればOKです。

「Inbox」がいったい何者なのか、は、今、どのくらい Gmail や Google Now、Hangout などを使いこなしているか、また、Android Wear や Google Glass で通知を捌いているか、によって理解度が変わってきそうです。

現在でも Gmail には、宅配便配送情報へのリンク機能や、Hangout の会話をまとめて表示するなど他サービスとの連携機能、また、ソーシャル絡みのメールやプロモーションメールを自動整理する機能が存在します。誤解を恐れずに言えば、今回の「Inbox」は、この方向をさらに推し進め、予定の管理(リマインダ)、Google Now(コンテキスト付き通知)などとのスマートな統合を目指しているようです。

GoogleInboxStartWithAnInvitation_11_sh

GoogleInboxStartWithAnInvitation_9_sh

GoogleInboxStartWithAnInvitation_10_sh

また、Google Now のフライト情報などとの連携や、重要情報をハイライトする機能、似たメールを自動的にまとめる「Bundles」、プロモーションメール、購入情報の自動判別と整理など、メッセージ管理の生産性を上げる機能が盛り込まれています。

GoogleInboxStartWithAnInvitation_7_sh

GoogleInboxStartWithAnInvitation_6_sh

Google 製品の最近の機能を積極的に使っている人であれば、「Inbox」の方向性を理解するのはたやすいところですが、昔ながらのメッセージ管理の世界に生きている人がどこまでついて行けるのか、若干不安な面もあります。

「Inbox」が Gmail のリプレースとして即時導入されなかった背景には、メッセージ管理の変化への文化的な拒絶、に配慮したのではないか、という予感もしたりしなかったり。

The Inbox that works for you – YouTube

ソース:

コメントを記入