性能・機能・品質アップの新ドライバー「Catalyst OMEGA」 #AMD勉強会

 

AMDStudyFestival2014_118_sh

今回は、12月9日に公開された AMD の新ドライバー「Catalyst OMEGA(カタリスト オメガ)」についてです。

「Catalyst OMEGA」は、AMDのAPU・GPU向けドライバスイート「Catalyst」の特別リリースという位置付けで、20以上の新機能とパフォーマンス改善、多数のバグフィックス、そしてドライバ自体の品質改善など、かなり盛りだくさんの内容となっています。

Radeon や APU ユーザーには見逃せないリリースと言えるでしょう。

AMDStudyFestival2014_73_sh

新ドライバ「Catalyst Omega」で実現される主な機能や改善はこんな感じ。

  • パフォーマンスの改善
    → Radeon で最大19%の性能向上
    → AMD APU で最大29%の性能向上
    → Call of Duty で15%の改善(AMDのプロセッサ+GPU時)など

AMDStudyFestival2014_74_sh

  • AMD FLUID Motion Video
    → Blu-ray 品質の 24fps 動画を 60fps に補完して再生。映画や特にアニメで効果が大きい(※Aシリーズ 7x00 APU, Radeon R7/R9 )

AMDStudyFestival2014_85_sh

  • Freesync Technology
    → グラフィックカード・モニタ間でリフレッシュレートを可変シンクロさせるオープン規格。Freesync 対応モニタ必須(後述)。ティアリング削減に効果
  • Contour Removal
    → 動画のカラーバンドを滑らかに。(※Athlon APU, Aシリーズ 7x00 APU, Radeon R7/R9 )
  • Detail Enhancement
    → 動画のノイズ除去機能。フルスクリーン時に気になる動画の粗を軽減する。(※Aシリーズ 7x00 APU, Radeon Rシリーズ )

AMDStudyFestival2014_77_sh

  • Ultra HD Like Experience
    → Fluid Motion Video / Detail Enhancement / Adaptive Upscaling の組み合わせにより、1080p コンテンツを 4K などの Ultra HD ディスプレイでも高画質で再生。(※Radeon R7 260 以上)

AMDStudyFestival2014_79_sh

  • Frame Pacing Enhancements
    → CrossFire、および Dual Graphics では2つのGPUが交互にフレームを生成しているが、各GPUの処理負荷を制御することでフレーム生成時間を平準化し、スムースな3Dグラフィックスを実現(※Aシリーズ APU, Radeon)

AMDStudyFestival2014_80_sh

  • Virtual Super Resolution
    → 3Dゲーム画面を、最大4Kでレンダリングし1080pディスプレイに表示。スーパーサンプリングをサポートしていないゲームでもテクスチャとエッジがスムースになる。(※Radeon R9 290 / 285)
  • 5K対応
    → 5K×3K(5120×2880)解像度に対応。

という感じで、盛りだくさん。

多くの人にとっては、パフォーマンスの向上が注目されるところかもしれませんが、個人的には、動画の画質支援である FLUID Motion Video、とか、Freesync Technology、Frame Pacing Enhancements のあたりが気になりました。

Freesync の G-SYNC に対する優位性は?

競合「NVIDIA G-SYNC」との違いが気になる「Freesync」ですが、これについて AMD は次のような優位点があると説明しています。

  • G-SYNC では追加のスケーラーチップのコストが余分に掛かるが、Freesync では現状のスケーラーを利用可能
  • G-SYNC は NVIDIA のクローズドな規格だが、Freesync はオープン規格
  • G-SYNC は DisplayPort のみ対応だが、Freesync は DisplayPort・DIV・HDMI に対応可能
  • G-SYNC はフレームレートの下限が 30fps だが、Freesync は24fps。そして、Blu-ray コンテンツの多くは24fps。

気になる Freesync 対応ディスプレイですが、2015年にはサムソンからさっそく発売予定となっているほか、具体的な社名は挙げられないが他社も追従する見込み、とのことでした。
AMDStudyFestival2014_87_sh

Freesync がオープン規格であることや、追加のスケーラーチップが不要というコスト面の有利性から、将来的には Freesync 対応ディスプレイが広まる可能性は十分ありそうです。

僕が個人的に気になった機能

AMDStudyFestival2014_108_sh

別記事にするかもですが、Catalyst OMEGA の「FLUID Motion Video」は、実物を見てみると、特にまた面白さを感じる技術と思います。

24fps 映像との相性が良く、映画・アニメなどがヌルヌル動く。ということで、その手の Blu-ray などを鑑賞する人であれば、リビング用に1台PCが欲しくなる機能かもしれません。

あとは、CrossFire や Dual Graphics で効いてきそうな「Frame Pacing Enhancements」も個人的には気になっています。

趣味の世界かもですが、静音重視の外部GPU+APUで3Dパフォーマンスを稼げる。という意味で、世間でのウケはともかく、個人的には Dual Graphics の発想は嫌いじゃないんですよね。

ただ、dGPU+APU内蔵GPU、という2つのGPUで交互にフレーム生成する Dual Graphics の仕組み上、どうしてもGPU間のフレーム生成時間の違いから動きにクセが出たり、微妙にぎこちなく感じる場面、というのはこれまでありまして。

これが改善される。というならそれは興味深いところと思います。ただし、AMDさんの「Frame Pacing Enhancements」に関するスライドでは、具体的に効果があるゲームタイトル名が挙げられていたことから、ひょっとするとゲーム側での対応状況によって効果は変わってくるのかもしれません。

品質保証の改善に取り組むAMD

AMDStudyFestival2014_97_sh

機能や性能アップの話しも大事ですが、今回、僕が特に気になったのは、Catalyst の品質向上への取り組み。という部分です。

具体的には、自動テストケース65%増、手動テストケース12%増といった検証網羅度のアップや品質管理体制の強化、また、ユーザーからの問題報告用フォームなど、様々なアプローチから品質向上を図っているとのことでした。

ちなみに、障害報告用のフォームは↓こちら。執筆時点では英語ページですが、日本語にも対応予定とのことです。

また、今回の「Catalyst OMEGA」では、コミュニティからフィードバックされたバグのトップ10を全て修正した上でリリースしている。との解説もありました。
AMDStudyFestival2014_100_sh

このような品質改善の取り組みが Catalyst の実使用感や信頼に良い影響を与えると良いなぁ。と思います。

AMDStudyFestival2014_66_sh

AMD さんのブロガー向け勉強会にはこれまで、何度も参加させていただいていますが、今回は珍しくハードウェア色の薄い勉強会と感じました。

上図のスライドもそうですし、先の品質改善をトピックとして持ってくるあたりもそうですが、そここで「ソフトウェアを重視する」というAMDの姿勢が垣間見れた勉強会だったように思います。

Hatena Pocket Line

コメントを記入