last update

「VAIOブランド」の格安スマホ、2015年1月登場か。日本通信と協業

VAIO_JCI_Smartphone_2

日本通信株式会社とVAIO株式会社は25日、VAIOブランドのスマートフォン製品を日本向けに投入するプロジェクトで協業していることを明らかにしました。

「VAIOスマホ」の日本市場への投入時期は2015年1月。

製品情報がメールで届くアドレス登録フォームが用意されていることから、近日中には詳細が発表されるものとみられます。

なお、今回の「VAIOスマホ」は5インチ前後のAndroid機で、製造はEMSが担当する、との憶測が報じられていますが、現状では搭載OSなど、正確な情報は明らかになっていません。

ソニーのPC事業を継承する形で今年発足したばかりのVAIO株式会社ですが、国内消費者に高い人気を誇る Windows PC「VAIO」のブランド力をスマートフォン事業にも活かせるのか、今後の動向に注目が集まりそうです。

協業相手の日本通信は「b-mobile」ブランドで知られるMVNO事業者。現在は、ドコモの3G/LTEを利用した格安SIM・格安スマホサービスを主に展開しています。

2014年のMVNO業界は、端末による差別化や販路の拡大、広範な客層へのリーチを意識し始めるなど激動の年だったと言えますが、今回の協業の背景には「b-mobile」を取り巻くそういった状況も関係しているかもしれません。

※この記事は随時最新化する可能性があります。

ソース:

コメントを記入