au、最大7ヶ月分の割賦金が無料になる「アップグレードプログラム」を2月6日から開始

au2015SpringRelease_24_sh

auは、2015年春モデルの発表会にて、最短1年半での機種変更時に分割支払残金が無料となる「アップグレードプログラム」を発表しました。

対象機種は INFOBAR A03、AQUOS SERIE mini SHV31、iPhone 6、iPhone 6 Plusで、プログラム料は月額300円。

サービス開始は 2月6日からの予定となっています。

au2015SpringRelease_23_sh

同プログラムは、端末を回収される代わりに、最大7ヶ月分の端末分割支払い残金を au が負担する仕組み。

加入には端末代金を24ヶ月割賦支払いとすることに加え、データ定額2~13、またはLTEフラットへの加入が必須となります。

また、プログラムの適用には以下3点の条件を満たす必要もあります。

  • 同プログラムを契約した機種の18ヶ月以上の継続利用
  • 機種変更後も同プログラムへ加入すること
  • 下取り対象機種が正常に動作すること

au2015SpringRelease_25_sh

同プログラムに加入しながら18ヶ月経っても機種変更をしなかった場合でも、加入19ヶ月目以降、機種変更までの間のプログラム料については au WALLET へのチャージという形で戻されます。

また、分割支払い金無料の権利行使をせずに機種変更した場合や、分割支払い終了後の26ヶ月以降に機種変更した場合は、プログラム料が全額返金されます。(ただし、機種変更後も同プログラムに加入することが条件)

18ヶ月目の端末実勢価格の値下がりに対する保険、という意味では消費者にも利のあるプログラムと言えそうですが、反面、au からの MNP ポートアウト時にはプログラム料が返金されないため、au への縛りを1つ増やしているだけ。という見方もでき、各キャリアのMNP優遇政策が変わらない中、ユーザーの評価が気になるところです。

ソース:

※2015/1/20 文章ブラッシュアップ、ソース追記

Hatena Pocket Line
last update 2015年1月20日

コメントを記入