クロネコメール便が廃止へ。信書送付で送り主の書類送検や警察の取り調べが相次ぎ

DiscontinueKuronekoMailBin_1

ヤマト運輸は、2015年3月31日受付分をもって、クロネコメール便を廃止すると発表しました。

ヤマト運輸によると、信書規制の改革が進まない中、送り主がクロネコメール便で信書を送って郵便法違反を犯してしまい、警察から取り調べを受けたり、書類送検されるケースが発生しており、このような事態を重く見て今回の措置を決めた、とのことです。

クロネコメール便は、全国のコンビニなどから発送でき、郵便受けなどに投函・配達される運送サービス。

配達完了をトラッキングできる上、厚さ1cm×A4サイズ以内であれば全国一律82円(税込)と安価な点が特徴で、パンフレットなど、受領印が不要な書類や、ヤフオクなどでのオークション落札物の送付などに大変便利なサービスでした。

サイズの制約が厳しいクロネコメール便でしたが、日本郵便の定形外郵便やゆうメールに比べて価格競争力のあるサービスだったため、今回、このような形でサービスが終了することは残念です。

なお、代替サービスですが、法人向けに4月1日より、非信書に限定して料金体系を見なおし「クロネコDM便」と名前を変えたサービスの継続を予定しているほか、個人・法人向けには3月発表、4月1日開始予定の「小さな荷物」の発送に手軽に使える宅急便サービスの拡充も予定しているとのこと。

DiscontinueKuronekoMailBin_2

ソース:

コメントを記入