画面レンダリングをクラウド側で行うゲームのβテストを実施。NTT東日本など

 

CloudGameBySinraWithFletsNTTEast_2_sh

シンラ・テクノロジー、およびNTT東日本は、ゲーム画面のレンダリングをクラウド側で行いPC側にストリームする、次世代クラウドゲームのテクニカルβテストを、2月17日より実施すると発表しました。

テスターの募集期間は1月26日~2月10日。テスト実施期間は2月17日~5月16日。募集テスター数は1,000名。

テスターに応募するには、次の条件を満たす必要があります。

  • NTT東日本の「フレッツ光ネクスト」を利用中
  • スクウェア・エニックス アカウントを保有している
  • βテストに積極的に協力できる

提供コンテンツは「ファイナルファンタジー VII インターナショナル for PC」「デウスエクス」「トゥームレイダー」「ヒットマンアブソリューション」「Space Sweeper」「Agnl’s Philosophy」の6つ。

CloudGameBySinraWithFletsNTTEast_3_sh

テスターへの応募に際しては、「フレッツ光ネクスト」に接続された Windows PC 上でチェックソフトウェアを実行し、動作確認する必要があります。

CloudGameBySinraWithFletsNTTEast_1_sh

光回線の特性である低遅延と安定性を活かしたコンテンツといえ、なかなか面白い仕組みと思います。

ソース:

Hatena Pocket Line

コメントを記入