Nexus PlayerのAnTuTuベンチマーク結果【Android TV搭載、x86系】

NexusPlayerBenchmark_1_sh

Android TV を搭載した新メディアプレイヤー「Nexus Player」のベンチマーク結果を載せておきます。

見出し画像のとおりAnTuTuスコアは「39,348」でした。

トータルで見ると Nexus 5 や Xiaomi Mi3 などの Snapdragon 800 クラスよりわずかに速い、というクラスのようです。

詳細結果はこんな感じ。
NexusPlayerBenchmark_2_sh

UX マルチタスク:4,931
UX Dalvic:3,772
CPU 整数演算:3,468
CPU 浮動小数点演算:3,501
CPU Single-thread integer:1,627
CPU Single-thread float-point:1,818
RAM 演算能力:2,553
RAM 速度:2,471
GPU 2Dグラフィックス:1,649
GPU 3Dグラフィックス:11,650@1920×1080
ストレージI/O:1,188
データベースI/O:720

NexusPlayerBenchmark_3_sh

DeviceInfo はこんな感じ。SoC は x86 コアの Intel Atom 1.8GHz クアッドコア+Power VR G6430。
NexusPlayerBenchmark_5_sh

Nexus Player にはブラウザは初期状態ではインストールされていませんが、キーボードとマウスをつないで無理矢理 Chrome を入れると意外と快適に使えたため、いちおう、AnTuTu HTML 5 Test も走らせてみました。

HTML5 Test の結果はこんな感じ。Total スコアは 19,001。
NexusPlayerBenchmark_6_sh

Android TV 搭載ということでリモコン操作に適したホーム画面になっている Nexus Player ですが、これだけのパワーがあれば、意外といろんなものが動きそう。という気はします。

税別12,800円。という Nexus Player の価格は Chromecast に比べると高価ですが、ディスプレイ・バッテリー無しとはいえ、この性能で価格。というのは、考えようによってはある意味、面白い存在なのかもしれません。

ただし、Nexus Player 非対応アプリを無理矢理使う場合は、外部キーボードとマウスが無いと操作に支障が出るケースが多いのは要注意です。

とはいえ邪道ですが、無理矢理APKファイルをインストールしてキーボードとマウスを接続してやれば、「アレ?コイツ、割と真っ当な Android じゃん」と思えたのも確かで。そんなこともあり、ベンチマークを取ってみたわけです。

コメントを記入