last update

Android 5.1 が正式リリース。VoLTE対応やWi-Fi・Bluetooth切替え改善、デバイス盗難紛失時の保護など

Android5.1RolledOut_2_sh

Google は、Android OS の最新版となる Android 5.1(Lollipop)をロールアウトしました。

Android 5.1 では安定性とパフォーマンスを改善したほか、複数枚SIMへの対応や、紛失・盗難時のデバイス保護機能、HD音声通話(VoLTE)に対応するなどの機能強化も含まれています。

Android5.1RolledOut_1_sh

いずれの機能も対応機種でのみ利用できる見込み。特に、VoLTE については機種側の対応だけでなく、通信事業者側の対応も必要となり、公式情報の例では、Android 5.1 にアップグレードした Nexus 6 と T-Mobile / Verizon との組み合わせで使えるとのこと。

Android 5.1 の紛失・盗難時デバイス保護機能は大変強力で、端末を工場出荷状態にリセットしても、本来の使用者の Google アカウントでログインしないとロック解除できなくすることもできます。

この保護機能は Nexus 6 / 9 だけでなく、Android 5.1 を搭載して出荷されるほとんどの Android スマートフォン・タブレットで使用できる見込み。

iPhone にも似たような保護機能があった気がしますが、中古スマホ・タブレットの買取り業者さんは、今後は Android でも注意が必要になりそうです。

このほか Android 5.1 では、これまで面倒だった Wi-Fi / Bluetooth の接続機器の切り替えが、通知領域のクイック設定から簡単にできるようになる。というのもかなり大きな改善点といえそうです。

10日の午後2時の段階では、Nexus 5 / 7 / 10 向けの Android 5.1 ファクトリーイメージがすでに公開されており、次の公式サイトからダウンロード可能です。

ソース:

コメントを記入