last update

任天堂、DeNAが業務・資本提携。年内にも任天堂キャラのスマホゲームが登場へ

NintendoDeNATeikei_5_sh

任天堂とDeNAは17日、共同会見を開催し、資本提携と業務提携を行うと発表しました。

資本提携については、任天堂が DeNA の発行済株式数の10%を、また、DeNA が任天堂の発行済株式数の1.24%を、それぞれ、第三者割当により取得します。

業務提携については、スマートデバイス向けに任天堂のキャラクターなどのIPを活用したケームアプリの共同開発・運営。および、スマートデバイスと既存のゲーム専用機、そして、開発中の次世代ゲーム専用機NXを横断した新メンバーズサービスの共同開発を想定しているとのこと。

NintendoDeNATeikei_4_sh

会見では具体的なスマホ向けゲームタイトルの発表はされなかったが、遅くとも年内にはリリースされる見込み。

ゲームタイトルは、フロントサイドを任天堂が制作し、DeNA 側はサーバーや行動分析などのバックエンドを担当するとのこと。ブランドの使い分けは個別ゲームタイトルごとに判断するが、任天堂ブランドが前に出るケースが多くなるのではないか。とのことです。

なお、ゲーム専用機向けのゲームをスマートデバイスに単純移植することはなく、スマートデバイスに合った別の形でのゲームとして提供する見込みです。

スマホ向けゲームで問題となった、行き過ぎた射幸心を煽るガチャについては、任天堂として、無料で始めて追加課金を行う事は否定しないが、任天堂IPを利用する以上、同社が納得しない課金システムは導入しない。と明言しました。

また、任天堂の岩田社長は、ゲーム専用機からの撤退ではない。という点を強調し、ゲーム専用機NXを開発中であることを発表しました。

NintendoDeNATeikei_3_sh

ソース:

コメントを記入