last update

漢方スタイルクラブカード・REXカードの還元率が1.75%→1.5%に改悪

Kanpo-Style-club-REX-card-RateDown_6_sh

ついにこの時が来たか…という感じですが。

高還元率でブイブイ言わせていた2大クレジットカード「漢方スタイルクラブカード」と「REXカード」がついに、還元率 1.75% → 1.5% の改悪を発表しました。

カード会員にはすでに、サービス改定案内のDMがこんな感じで送られてきています。
Kanpo-Style-club-REX-card-RateDown_20_sh

ということで、今回の改定内容の確認と、管理人がどうするのか、というあたりを書いていきたいと思います。

REXカードは還元率1.75%→1.5%へ改悪。ただし、ポイント引き換えのハードルは下がる

Kanpo-Style-club-REX-card-RateDown_16_sh

REXカードの2015年12月からの改定内容はシンプルで、次のとおりとなっています。

  • 利用金額2,000円毎に35ポイント → 30ポイントに改悪
    (還元率1.75%→1.5%
  • リボ払い時は2,000円で45ポイント → 40ポイントに改悪
    (還元率2.25%→2%)

(※REXカードのポイントは、1ポイント=1円のJデポ(カード請求額からの値引き)と交換可)

改悪ばかり、というわけではなく、同時に、ポイント引き換え基準の引き下げとANAマイル交換レート改定も実施されます。

  • Jデポ(カード請求額からの値引き)へ引き換え単位を3,500ポイント→1,500ポイント(1,500円分)に引き下げ
  • ANAマイルへの交換単位を3,500ポイント(600マイル)→1,500ポイント(300マイル)に引き下げ&引き換えレート変更

なお、年間利用額50万円以上でのカード年会費無料(本人・家族とも)特典については変更ありません。

利用用途を問わず、カード請求額から1.5%値引き、というのは現状でも好条件と言えますので、他のカードに乗り換えるかどうか、は悩ましいところと言えるでしょう。

次は漢方スタイルカードの改定内容について見ていきましょう。

漢方スタイルクラブカードも還元率1.75%→1.5%の改悪。しかも、ボーナスポイントも悪化

Kanpo-Style-club-REX-card-RateDown_15_sh

漢方スタイルクラブカードの今回の改定内容をまとめると以下のとおり。

ポイント付与率の改悪(2015年12月請求分から)

  • 利用金額2,000円毎に7ポイント → 6ポイントに改悪
    (還元率1.75%→1.5%
  • リボ払い時は2,000円で9ポイント → 8ポイントに改悪
    (還元率2.25%→2%)

(※漢方スタイルクラブカードのポイントは、1ポイント=5円のJデポ(カード請求額からの値引き)と交換可)

ボーナスポイントの改悪(2016年2月請求分から)

  • 年間3,500ポイント獲得で、ボーナスポイント500ポイント→350ポイントに改悪(還元額2,500円→1,750円

ボーナスポイントに関しては、ポイント獲得レートの2015年12月からの改悪分も考慮すると、次のとおり、かなりキツい内容になります。

<改定前のボーナスポイント付与>

  • 年間利用額57万~100万円程度(2,000~3,499ポイント)で1,250円分(250ポイント)ボーナスポイント付与
  • 年間利用額100万円以上(3,500ポイント以上)で2,500円分(500ポイント)ボーナスポイント付与

<改定後のボーナスポイント付与>

  • 年間利用額67万~117万円程度(2,000~3,499ポイント)で1,250円分(250ポイント)ボーナスポイント付与
  • 年間利用額117万円以上(3,500ポイント以上)で1,750円分(350ポイント)ボーナスポイント付与

たくさん使わないといけなくなった上にポーナスポイントまで減った。ということで、大変に残念な改定内容と言えるでしょう。

漢方スタイルクラブカードには年会費無料特典がありませんから、ボーナスポイントで年会費分を回収することには大きな意味があります。

そこが改悪された。ということで、年間利用額が120万以上で無いなら、REXカードや P-One Wiz カードあたりを検討したくなるような改定内容と言えそうです。

ということで、管理人が改悪後どうするか、ですが…。

で、改悪後はどうしようか?

うちはクレジットカードの専門サイトではないので、あれもこれも持ち上げるような書き方はしないわけですが、それでも、改悪後だとしても、REXカード、漢方スタイルクラブカードとも、カード請求額から直接還元される「利用用途を縛られないカード」としてはトップクラスの還元率を誇るのは確かと思います。

が、個人的には改悪後を見据えて、そろそろ漢方スタイルクラブカードは解約して、REXカードに絞ろうかな。とは考えているところです。

あと、Ponta を貯めこんでいる身としては、今くらいの還元率になってくると、ポイントの利用用途は限られるものの、2%という高還元のリクルートカードも正直気になる所です。あとは年会費とかも考えると、決済を分けるという意味でも P-One Wiz カード辺りを持っていてもいいかな。とは思う所だったりします。

 

唐突にクレカの話題とかなんで?と思っている人に一応説明しておきますと、もともと僕は陸マイラーだった時代がありまして。もっと言うと「陸マイラー」という言葉が出るずっと前から、クレジットカードの還元率にはそれなりにこだわってきた、筋金の入っていないタイプのドケチだったりするわけです。(苦笑)

これまで、この手の話題はあまり出してきませんでしたが、一応、僕の興味の方向としては10年以上向けてきたものなので、少し書いてみようかと。

ちなみに、管理人の年間クレジットカード利用額は、ちゃんと計算していませんが、多分、安価なハイブリッド車の定価程度。のはず。クレカのキャッシュバックとは言っても馬鹿にはできないワケです。

コメントを記入