Android WearがiPhoneに正式対応。Googleが公式アプリをリリース

Android_Wear_for_iPhone_2

Googleは、Android Wear 端末を iPhone に接続する公式アプリ「Android Wear」をリリースしました。

動作機種は、iOS 8.2 以上を搭載した iPhone 5, 5c, 5s, 6, 6 Plus。

Google 公式blogによれば、現在のところ Android Wear 機「LG Watch Urbane」だけが iOS に正式対応。このほか、今後、ファーウェイ、ASUS、Motorola などから発売される Android Wear 端末が iOS をサポートするとしています。

当サイトが実機で確認したところ、「LG G Watch」「LG G Watch R」などの旧機種でも、最新の Android Wear 5.1.1 にアップグレード後、Android Wear を初期化すれば iOS とのペアリングは可能でした。

ただし、Android Wear のアップグレードには、別途、Android 4.3 以上のスマートフォンなどが必要となるため、iOS デバイスしか持っていない人には使えない。という点は注意点になります。

なお、iOS + Android Wear で使える機能は、iPhone アプリからの通知の確認、Google Now の利用、活動量や心拍数などのフィットネス機能となっており、Android と接続した際とは大きく異なる、ミニマムセットとも言える内容になっています。

これまでも、Android Wear を iOS 端末で利用できるアプリは存在しましたが、Google が公式アプリをリリースしたことは、大きい話だと思います。

Apple Watch とは異なるウェアラブル体験となるとは思いますが、丸画面のトラディショナルな腕時計型ウェアラブルを求める向きや、Apple Watch が高価で買えない方には、将来の機能アップ後の評判次第では選択肢のひとつとなるのかもしれません。

ソース:

コメントを記入