last update

【レビュー】 Inateck “MarsBox" Bluetooth ポータブルスピーカー

inateck_bluetooth_fm_speaker_201509_20_sh

PC・モバイル機器向けのアクセサリーメーカー『Inateck』より、

Bluetoothポータブルスピーカー"MarsBox" [BP2002]

をレビュー用にご提供いただいたので、使用レポートをお届けします。

本製品はバッテリーを内蔵し、電源の無い場所でも利用できるモバイル Bluetooth スピーカーです。

アウトドア利用でも満足のいく力強い音量と、スピーカーホン機能などを一つにまとめた欲張りなモデルと思います。

同梱物は至ってシンプル

inateck_bluetooth_fm_speaker_201509_10_sh

先だってレビューした、Inateck のポータブルスピーカー"BP-1001"と同じく、同梱物は至ってシンプル。

  • 本体
  • 電源ケーブル
  • ステレオミニジャックオーディオケーブル
  • 説明書

となっています。

inateck_bluetooth_fm_speaker_201509_19_sh
付属のオーディオケーブルとUSBケーブルはオリジナルのもの。モバイル利用時に気になる耐久性もありそうで、開封時にちょっと嬉しい気分になります。

本体はずっしり重い

inateck_bluetooth_fm_speaker_201509_20_sh
外観はモダニズム建築を思わせる出来です。
持つとペーパーウェイトのようにずっしりと重さを感じます。

写真 2015-09-13 21 34 57
横幅は iPad mini とほぼ同じサイズ。上に置くと、まるで iPad mini の外部スピーカーのようですね。

背面の端子類もシンプルです。
inateck_bluetooth_fm_speaker_201509_26_sh
inateck_bluetooth_fm_speaker_201509_23_sh
電源ボタン長押しで電源ON。一番左のボタンを長押しで Bluetooth 接続のペアリングモードになります。

スマホ・タブレットなどの親機から Bluetooth 機器を検索して、「Inateck MarsBox」をタップすれば、ペアリングは完了です。(写真はiPad画面)
screen001

iOS 標準の Bluetooth 機器のバッテリー残量表示にも対応。
screen002

MarsBox は Bluetooth 4.0 に対応したスピーカーとなります。

音質、FM受信機能、スピーカーホン機能など

inateck_bluetooth_fm_speaker_201509_29_sh

以前レビューした "BTST-10 Plus" 同様、"MarsBox" も、最大音量にすれば室内だけでなくアウトドアでも十分使える、申し分の無い音量を楽しむことができます。

ポータブルスピーカー"BP-1001" と比べても音量はかなりアップしており、幅広いシチュエーションで使うことができそうです。

音質面で言えば、仕事部屋にある Sony の7000円くらいのステレオアクティブスピーカー(SRS-TD60)と比べてみると、高音部が弱めの印象を受けました。中低音が強めのチューニングが好みの方には良いかもしれません。

今回比較した Sony の SRS-TD60 は Bluetooth 非対応のため、直接比較する対象ではないかもしれませんが、スマホやタブレットなどとの接続が簡単な「Bluetooth 接続のポータブルスピーカー」であるという部分は、本機 "MarsBox" の重要な価値と言えるかもしれません。

以前レビューした"BP-1001"と同じく、接続したスマートフォンの通話にも使える"スピーカーホン"機能も搭載しています。
inateck_bluetooth_fm_speaker_201509_31_sh

「+」「-」ボタンの AVRCP への割り当てにはちょっとクセがあり、「+」ボタンを押すとボリュームが大きくなる…と思いきや、短押しの場合は曲送りになります。同様に「-」ボタンは曲戻しです。

ボリュームをコントロールするには、「+」「-」ボタンを長押しする必要があります。恐らくは、ゼロからインターフェース設計を考えた上でこの仕様にしたものと思いますが、一般的な Bluetooth 機器とはちょっと違うので、最初は意識した方が良いでしょう。

車で使ってみる

毎度(?)おなじみ、フィールドテストです。

えーと、本来の使い方ではないかもしれませんが、車に載せて使ってみました。

car001
裏面に大きめのラバーパッドが付いており、自重もあるので、ダッシュボードに置いたときの安定性は意外と良いです。
カーブが連続する山道をそこそこのスピードで駆け抜けても横にずれることはありませんでした。

ただ、急ブレーキをかけると後ろにすっ転びますw
そこはまあ、本来の使い方ではないから仕方ない、ってことで。

まとめ

スマホ・タブレットのスピーカーで音楽を聴くときなど、大きな音が欲しい時には、今回のような Bluetooth 外部スピーカーがあると意外と便利ですが、本機はさらに、スピーカーホンも搭載している。という部分で、活用の幅は広くなっています。

給電端子が micro-USB ポートのみ、という割り切りも、今どきコンセントを空けるよりは、USB端子を増やす方が楽と思いますので、個人的には歓迎できる部分です。

「乾電池」仕様でなく「内蔵電池」仕様となっている部分も、ポータブルで運用する際のコストや充電の手間を考えると良い判断と思います。

あとは、モダニズム建築的デザインが、野暮ったくないこと。
なかなか良いデザインだと思います。

ということで、音質的な方向性とデザインの好みが合えば、バッテリー内蔵で Bluetooth 接続という事で、良い製品と言えると思います。

この記事への1件のコメントがあります

  1. 【レビュー】 Inateck “MarsBox” Bluetooth ポータブルスピーカー | TeraDas-テラダス – InaTeck_Blog says:

    3年前

    […] 来源: 【レビュー】 Inateck “MarsBox” Bluetooth ポータブルスピーカー | TeraDas-テラダス […]

コメントを記入