au・ソフトバンクの iPhone 4S の料金を比較する

iphone4s_sbtop

au・ソフトバンク両社の iPhone 4S 料金が出揃いましたので、詳細な料金比較をしてみたいと思います。

今回は、割賦・一括、それぞれの視点で比較してゆきます。

※この記事は、状況が変わり次第、更新する可能性があります。

新規契約の料金比較(割賦の場合)

 auソフトバンク
基本使用料980円
(プランZシンプル)
980円
(ホワイトプラン(i))
ネット接続サービス315円
(IS NET)
315円
(S!ベーシックパック)
パケット定額4,980円
(ISフラット)
※iPhoneスタートキャンペーン適用
4,410円
(パケットし放題フラット)
端末割賦金2,140円1,920円
端末購入サポート-2,140円
(毎月割)
-1,920円
(月月割)
WEB請求割引-21円
(WEB de 請求書)
なし
ユニバーサルサービス料7円7円
合計月額料金→→6,261円5,712円

上記は iPhone 4S 16GB を端末割賦購入した場合の明細ですが、ほぼ同一プランでの両社の差額は月額549円となります。

割賦金や月月割は iPhone 4S の容量によって変わり、月額料金、および、両社の差額は以下表のとおりになります。

iPhone 4S
の容量
月額料金
(au)
月額料金
(ソフトバンク)
au-ソフトバンク
の差額
16GB6,261円5,712円549円
32GB6,691円6,192円499円
64GB7,121円6,592円529円

32GBがもっとも両社の差が少なく、なんと差額は500円を切っています。

auで「プランF(IS)シンプル(月額780円)」を選択するとさらに200円安くなるため、両社の差額は299円まで縮まります

なお、「プランF(IS)シンプル」を選択した場合はau携帯電話同士の1~21時通話無料が使えません。また、通話無料目当てに「プランZシンプル」に変更しても、「ISフラット iPhoneスタートキャンペーン」対象外になってしまうという罠があります。

新規契約の料金比較(一括の場合)

 auソフトバンク
基本使用料980円
(プランZシンプル)
980円
(ホワイトプラン(i))
ネット接続サービス315円
(IS NET)
315円
(S!ベーシックパック)
パケット定額4,980円
(ISフラット)
※iPhoneスタートキャンペーン適用
4,410円
(パケットし放題フラット)
端末購入サポート-2,140円
(毎月割)
-1,920円
(月月割)
WEB請求割引-21円
(WEB de 請求書)
なし
ユニバーサルサービス料7円7円
合計月額料金→→4,121円3,792円

一括の場合、ほぼ同一プランでの両社の差額は月額329円となり、割賦の時より差は縮まります。

auで「プランF(IS)シンプル(月額780円)」を選択すれば、両社の差額はさらに縮まり129円となります。

端末価格の比較

一括購入価格はauの方が高いが、毎月割の額が大きいので実質価格はauの方が安い。という構図です。

端末一括価格の比較

iPhone 4S
の容量
au
一括価格
ソフトバンク
一括価格
16GB51,360円46,080円
32GB61,680円57,600円
64GB72,000円67,200円

毎月割・月月割適用後の実質価格

iPhone 4S
の容量
au
実質価格
ソフトバンク
実質価格
16GB0円0円
32GB10,320円11,520円
64GB20,640円21,120円

契約事務手数料もお忘れなく

新規契約時の契約事務手数料にも両社、差があります。

 auソフトバンク
契約事務手数料2,835円3,150円

その他

こうやって見ると、条件によっては思ったより両社の価格差が少ないケースもあるようです。

ただ、iPhone 4Sを2年間使うのか、それとも途中で機種変をするのかでも、残債の返済の絡みで判断が分かれそうなところで、月額料金だけでなく、一括価格の差も気になる人も多いでしょう。

今回は、できるだけ同じ条件になるように比較をしていますが、au版iPhone 4Sでは、従来通りの無料通話付きプラン(※詳細別記事「au版 iPhone 4S では無料通話付きプランも選べる」)も選べますので、通話の多い人はこちらも要検討です。

もちろん、価格だけがすべてではありませんが、納得の行く買い物をしたいものです。

この記事へのコメント(2件)

  1. kiqs says:

    8年前

    auのニュースリリースによると「iPhone 4Sをご利用のお客さまは、「ともコミ」でおなじみの、月額基本使用料が「誰でも割」適用時980円でau携帯電話同士の国内通話が無料になる「プランZシンプル」や、月額基本使用料が「誰でも割」適用時780円で、さらに「家族割」を適用することで家族間の通話が無料になる「プランEシンプル」をはじめとした、従来の料金プランをご利用いただけます。」とありますので、従来の無料通話料付きプランを選べるのがソフトバンクとの決定的な差になりそうです。例えばプランSSシンプルはソフトバンクのホワイトプラン(i)と同じ980円ですが、無料通話1050円分が付加されており、毎月無料通話を使い切る人であれば、2年トータルで25,000円ほどauの方が安くなります。

  2. admin says:

    8年前

    ご指摘ありがとうございます。
    極力同じ条件になるようにとこういう比較をしましたが、もともと、ホワイトプランには割高な通話料と無料通話抜きにする事で、身入りを多くしたいというソフトバンクの下心を感じていた事もありましたので、ご指摘の無料通話付きプランについては別記事を書かせていただき、本記事からその記事へのリンクを貼るとともに、無料通話付きプランについても本記事中にて言及させていただきました。
    コメントいただきありがとうございます。

コメントを記入