マッパー(地図調査員)御用達ボールペン 「三菱鉛筆 ジェットストリーム) レビュー

知り合いの地図調査員から「これは最強のボールペンですよ!」と紹介してもらった、

「三菱鉛筆 ジェットストリーム」
0001

書き心地良し、インクのかすれも少ないスグレモノです。

単色・複数色+シャープペン、ペン先5mm, 7mm等、様々な種類が展開されています。

従来のペンのちょっとした不快感が解消されてます

従来のボールペンで感じる、書いている途中でインクがかすれてしまったり、書き心地に紙の引っ掛かりを感じるとか、そういうちょっとした不快感

ちょっとしたことですが、そのちょっとしたことが気になってしまう人もいることでしょう。

私もそのちょっとしたことが気になってしまう人なので、いわゆる、インクがサラサラした水性ボールペンを使っていたのですが、どの水性ボールペンも、書いている時に紙の凹凸による引っかかりを感じてしまうんですね。
それに、水性のインクだと紙の質によってはインクがなかなか乾かなくて裏写りしたり、すぐに乾くのはいいけど、紙の裏面までしみてしまうことがあります。

私、紙の薄い手帳を使っているので、裏写りと裏までしみるのはカンベンしてほしい・・・。

 

このジェットストリーム、油性インクで、紙の裏写りもなく、薄い紙でも裏までインクがしみることはありません。

ちょっと極端ですが、書道用の半紙で試してみました。
水性インクペンで上に「しみるわ〜」。
ジェットストリームで下に「しみません」と書きました。
0003

その差は一目瞭然!

書き心地も引っかかりがなくサラサラ

従来の「ちょっとした」不快感が見事に排除されています。

油性だから紙が水に濡れる仕事・野外でも使えます

知り合いのマッパー、一日中地図とにらめっこして、地図に載っている施設・家屋を訪ねて回っています。

彼は商売柄、ボールペンにはこだわりがあり、色々と試した結果、このボールペンにたどり着いたそうです。
「油性インクだから雨に降られた日でも地図に書き込んだ文字がにじむことがない」
のが一番のいいところだとか。

「じゃあ、普通の油性ボールペンでいいじゃん」

とも思いますが、プラスアルファとして、やはり「書き心地の良さ」は他の追随を許さないんだとか。

水性インクペンと同じ「文字の濃さ」

以下が書き文字のサンプルですが、普段より少し弱めの筆圧で書いてみたものです。
上が水性ボールペン、中が普通のボールペン、下がジェットストリームです。
0002

普通のボールペンから水性ボールペンを使うようになった人はお分かりかと思いますが、普通のボールペンだと筆圧によって少し文字が薄くなります。

また、水性ボールペンだと、ちょっと細い字を書こうとしても、一定の太さになってしまいます。

ジェットストリームは、低い筆圧でも水性インクと同じ濃さで、しかも細い文字が書けます。

今まで手帳を使っていて、ポールペン・鉛筆・万年筆等々使ってきましたが、どれも一長一短。軽い筆圧で書きなぐったメモを後で読み返した時に文字が薄いってたけでちょっとしたフラストレーションです。

このボールペンは筆圧低くてもはっきりした文字で書ける!

まとめ

一つ欠点を挙げるとすれは、従来のボールペンと比べると、少々インクの減りが早い点。新しく開発されたインクの特性でしょうか。水性インクと同じ特性が出ていることを考えると、仕方なし、といったところでしょうか。

ボールペンを多用する方は、他のペンと比べてインクの減りの早さが気になるかもしれません。

しかし、それを補う使い勝手の良さ。

「普段使っているものだから」こそ、ちょっとしたことが気になるもの。
その「ちょっとしたこと」が解消されたこのジェットストリーム

水性ボールペンと、普通のボールペンのいいとこ取り。
オススメです。

コメントを記入