last update

【Android 6.0】アプリデータのバックアップにも対応した「データのバックアップ」

auto_backup_for_apps_1_sh

待望のアプリデータにも対応した Android 6.0(Marshmallow)の自動バックアップ機能「データのバックアップ」の概要や使い方について、ユーザー視点でまとめておきます。

※この記事は将来更新する可能性があります。

Android 6.0 のアプリデータバックアップは自動で機能する

Android 6.0 のバックアップ機能は初期状態で有効となっており、特にユーザーが意識しなくても自動でバックアップが作成され、アプリインストール時に自動で復元される仕組みとなっています。

Andorid 6.0 のバックアップ機能は、「設定」→「バックアップとリセット」→「データのバックアップ」が ON のとき、かつ、後述の特定条件の時に機能します。

バックアップ対象となるのは新しい Android アプリのみ(SDK 23 以降)で、現在のところ、アプリとアプリデータを合わせて25MB以下、といった制限はありますが、クラウドにアプリデータまでバックアップしてくれる。しかも無料で、というのは、極めて先進的と言えるでしょう。

旧来のバックアップ方法もまだ活躍しそう

その存在や使い方を意識する必要がほとんど無い「データのバックアップ」機能ですが、先のとおり、1アプリ当たりの容量が25MB以下という制限から、ゲームアプリ向けとは言えないほか、バックアップにまだ対応していないアプリの存在も考えると、過信はしない方が良さそうです。

ということで、まだ当分は、非root環境であれば「adb backup」や「Helium」、root環境であれば「Titunium Backup」といった旧来のバックアップ方法の出番もまだありそうです。

「データのバックアップ」が実行される条件

ここで、Android 6.0 標準の「データのバックアップ」機能の詳細条件・概要をまとめておきます。

  • アプリだけでなく、アプリデータのバックアップも作成される
  • バックアップは1日最大1回。主に夜間、アイドル状態&Wi-Fi接続&電源接続時のみ実行される
  • バックアップ先は Google Drive
  • バックアップ容量は、現在、1アプリあたり25MB以下に制限されており、容量超過時はバックアップされなくなる
  • バックアップデータは、ユーザーの Google Drive 使用量にはカウントされない。(つまり、クラウドストレージ容量は無料)
  • バックアップファイルは暗号化されている
  • SDK 23(Android 6.0)以降をターゲットに開発されたアプリがバックアップ対象
  • Google Play ストアからインストールしたアプリだけでなく、サードパーティのアプリストアからインストールしたアプリもバックアップ対象となる
  • アプリ側でバックアップを拒否するデータの指定が可能(ユーザーは意識する必要はない)

リストア(復元)の条件・概要

Android 6.0 標準の「データのバックアップ」機能のリストア条件・概要をまとめておきます。

  • アプリデータのリストアは、アプリのインストール後、ユーザーの Google Drive に対応するデータがある場合のみ行われる
  • リストア時のネットワーク接続の種類は問わない

Android Auto Backup for Apps (100 Days of Google Dev) – YouTube

関連情報:

この記事への1件のコメントがあります

  1. Huawei P9 レビュー 第1回 | ソタブロ says:

    2年前

    […] 応した「データのバックアップ」 | TeraDas-テラダス http://www.teradas.net/archives/19698/ […]

コメントを記入