last update

日本でもApple SIMが販売開始。au「LTEデータプリペイド」を発表

appleSIM_japan

アップルは17日より、iPad 向け SIM カード「Apple SIM」を日本のアップルストアで販売開始します。Apple SIM の販売価格は600円。

現時点での対応機器は iPad Pro、iPad Air 2、iPad mini 4、iPad mini 3 のセルラーモデルとなっています。

Apple SIM は海外旅行時、iPad をモバイルネットワークで利用するのに大変便利なSIMカード。

国内では訪日外国人向けに KDDI が新しく発表した「LTEデータプリペイド」プランが利用可能で、料金は1GBごとに1,500円。Apple SIM を持っていれば初期費用、月額基本料金は無料です。

また、日本人が海外旅行する際には、海外で1GBあたり10ドルで利用が可能。

Apple SIM は昨年の iPad Air 2 の発表と合わせて、一部の国でのみサービス開始されていましたが、今回、そこに日本が加わった形となりました。

世界90以上の国と地域で利用可能で、国内では KDDI(au)がネットワークを担当。米国・英国では通信事業者やプリペイドプランの選択も可能です。

渡航先の国や地域によっては、現地でプリペイドSIMを購入した方が安いケースもありますが、海外のキャリアを調べる手間が必要なく、現地に到着したらすぐに契約して使える。というのはかなり便利なので、海外旅行時にはかなり面白い選択肢となるでしょう。iPad 所有者なら1枚は持っておいても損はないかもしれません。

なお、国内で販売されている iPad は、キャリアから購入した製品であっても、海外では SIM フリー機として利用可能となっています。

iPhone が公式対応機種のリストに入っていない点は残念ですが、Apple のビジネスモデルの強みを発揮できる面白いサービスと言えそうです。

ソース:

コメントを記入