ソニー、ハイブリッドAFと3軸電子手ぶれ補正内蔵のCMOSイメージセンサーを商品化

sony_image_sensor_exmor_rs_imx318

ソニーは、スマートフォンなど向けの1/2.6型2250万画素のCMOSイメージセンサー「Exmor RS IMX318」を2016年5月から量産出荷予定と発表しました。

0.03秒高速ハイブリッドオートフォーカスと動画向け3軸電子手ぶれ補正機能を、業界で初めて積層型CMOSイメージセンサー内に内蔵したのが特徴。

イメージセンサーへこれらの機能を内蔵することで、ソフトウェア処理に比べて低消費電力化が実現可能となります。

ちなみに、本イメージセンサーによる3軸電子手ぶれ補正の威力は、次の動画で確認できます。(埋め込み不可のためリンク先でご覧ください。)

なお、3軸電子手ブレ補正については、外部のジャイロセンサーから入力されたピッチ/ヨー/ロールの情報を活用して補正され、その際、同時にレンズの歪み補正もできるとのこと。

また、業界最小の1μm単位画素を採用しながらも、光の利用効率を高める製造技術とノイズ低減回路設計技術により、旧商品「IMX2300(単位画素1.12μm)」とほぼ同等の画質維持を実現したとしており、夜景などの暗所での撮影時に威力を発揮しそうです。

 

強力な電子式手ブレ補正やハイブリッドAFというと、同社のスマートフォン「Xperia Z5」シリーズのカメラの出来の良さを思い出すわけですが、あの技術が他のスマートフォンにも搭載されれば、スマホ搭載カメラの「使い勝手」がかなり大きく改善すると思われるため、色々と期待できるデバイスと言えるのではないでしょうか。

ソース:

コメントを記入