ゲップも2倍?5.0GVの強炭酸ペプシストロングはNEXファンも納得の味

pepsi_strong_5.0gv_review_3_sh

※2016/6/22 文章ブラッシュアップ

なにこれ、めっちゃヤバーい。

2016年6月21日(火曜)発売予定の、めちゃくちゃ炭酸が強いペプシ「ペプシストロング5.0GV」先行体験キットを入手したので、どんな具合だったのかレポートしておきます。

聞き慣れない単位「GV(ガスボリューム)」まで持ちだして、炭酸の強さをこれでもかと強調する新ペプシさん。相当な自信を漂わせています。
pepsi_strong_5.0gv_review_8_sh

危険性を帯びたパッケージを開けると、中身もトラロープ柄で徹底しています。
pepsi_strong_5.0gv_review_9_sh

「最高ガス圧5.0GV耐圧専用ボトル」「ペプシ史上最強炭酸」「強カフェイン」の3点が特徴のペプシです。
pepsi_strong_5.0gv_review_12_sh

「GV5.0」ってのがどれくらい強い炭酸なのかを調べたら、こんな感じ。

飲料名炭酸ガス
ボリューム
(GV)
ドイツ製スパークリングワインの例1.5~1.8
ファンタオレンジ1.9~2.0
キリン、アサヒなどのラガービール2.5~2.8
(ヘッフェ)バイツェンビール3.0~3.1
コカコーラ3.7~3.8
ペリエ(ミネラルウォーター)3.8~3.9
にごり酒(活性清酒)の例4.0~4.1
フランス製シャンパンの例5.0~5.5

引用元:お酒テクニカルコラム「ガス入りのお酒」(PDF注意)

フランス製シャンパンのガスの強さにも驚きますが、コーラで5.0GVというペプシストロングも、ふだんはあまり飲まないクラスの強さの炭酸だと分かります。

ちなみに炭酸の強さを表す単位には「GV」「%」「g/L」の3つがありますが、今回は5.0GVという、なんだか強そうな単位をワザと使ってる感も。

確か、炭酸は冷やした方がよく水に溶ける、と聞いたことがあるので、冷蔵庫で3晩ほどキンキンに冷やしてのチャレンジです。
pepsi_strong_5.0gv_review_13_sh

炭酸を逃がさないようにゆっくり注ぎます。
pepsi_strong_5.0gv_review_23_sh

pepsi_strong_5.0gv_review_27_sh

飲んだ感想は、「こりゃ炭酸好きにはたまらんね!」「からーい!」という感じで、人によって様々。

ゼロカロリー・ノンシュガーのコーラはペプシNEX一択と決めている僕ですが、今回の「ペプシストロング5.0GV ゼロ」はペプシNEXファンならかなり納得できる味だと思うし、どっちか選べと言われたら、僕なら5.0GVを選ぶなー。という感じのいい仕上がりっぷりです。

炭酸の強さが人工甘味料独特のエグみをより分かりにくくしている気もするので、当たり前ですが、炭酸が好きかどうかがオススメかどうかの分かれ目になる飲み物だと思います。そりゃそうだ。

ちなみに、炭酸の強さをより味わいたいなら、コップに注がずにペットボトルから直接飲むのが一番のおすすめ。

きめ細やかだけど強力な炭酸が口の中をこれでもかと刺激してくれる、スッキリしたい夏にはピッタリのコーラなんじゃないかと思います。

ちなみに汚い話ですが、ひとりでまるまる一本飲んだ後は、ちょっと経験したことが無い量のゲップが出るので、とにかくゲップが出したい!という時にも便利かもしれません。

関連情報:

コメントを記入