last update

【台湾】カルディの「dfe 魯肉飯の素」でルーロー飯を作ったらリピート必死

instant_luroufan_kaldi_82_sh

台湾屋台グルメと言えば、忘れちゃいけないのが「魯肉飯(ルーローハン・滷肉飯)」ですが、あの味わいを日本でも手軽に楽しめる「魯肉飯の素」がカルディで売っていたので、試しに作ってみました。

台湾風エスニック煮豚丼、とでも言ったらいいんでしょうか。台湾らしい香りが食欲をそそる、夏バテに嬉しいガッツリ系メニューです。これはまたリピートしたい!

パッケージはこんな感じ。店頭でお値段は180円前後だったような。
instant_luroufan_kaldi_55_sh

用意する材料は、

  • 豚バラ肉ブロック400g(1cm角に切る)
  • ごま油小さじ1
  • 水400ml

あとは「ルーロー飯」の素だけ。

お好みで生パクチー(コリアンダー)やゆで卵を用意しても美味しいです。

ちなみにこの「素(もと)」、香辛料としては八角・シナモン・花椒・フェンネル・クローブ・陳皮・胡椒が使われているそう。台湾へ旅行したことがある人なら分かる、あの、いかにも「台湾」な味と香りが際立つ本格派です。

「ルーロー飯の素」でルーローハンを作る

まずは豚バラブロックを1cmくらいの角切りにして、
instant_luroufan_kaldi_4_sh

ゴマ油で炒めます。
instant_luroufan_kaldi_22_sh

火が通ったら「ルーロー飯の素」を入れて、
instant_luroufan_kaldi_26_sh

鍋に水400mlを加えます。
instant_luroufan_kaldi_24_sh

あとは弱火で25分煮込むだけ。
instant_luroufan_kaldi_45_sh

アクと脂が浮いてきたら必要に応じて取り除きます。煮汁が半分になるまで煮詰まったら完成です。個人的には脂は大胆に取っても美味しいと思います。

煮込み中はゆで卵を茹でておくと良いかも。
instant_luroufan_kaldi_40_sh

ゆで卵ができたら煮汁に入れておけば、
instant_luroufan_kaldi_47_sh

煮詰まって味が染みてきます。これで完成です。
instant_luroufan_kaldi_52_sh

卵は2つに切っておくと食べやすいです。
instant_luroufan_kaldi_59_sh

ご飯の上に豚肉をのせて、汁も大胆に掛けていきます。
instant_luroufan_kaldi_67_sh

ゆで卵と薬味を添えたら盛り付け完了です。
instant_luroufan_kaldi_80_sh

薬味無しでも楽しめますが、生パクチーが手に入るならそれもオススメかも。

今回は欲張って丼ぶりに盛ってしまいましたが、普通はお茶碗で出てくる料理になります。

このレシピでは肉が400gもあるのでかなりボリューミー。2人だと余ってしまうので、そういう時は保存して、
instant_luroufan_kaldi_93_sh

翌朝も食べてしまいましょうw
instant_luroufan_kaldi_104_sh

出来立てでも十分に美味しいルーロー飯ですが、一般的な煮物料理と同じく、一晩くらい寝かせた方がより美味しくなります。

また、うな丼などの丼ものと同様、ご飯の種類や炊き方にも拘ると、より美味しく食べられます。

さすがは暑さが半端ない台湾の料理。香辛料の香りが食欲をそそり、うっかり何杯でも食べれてしまう危険な食べ物です。お酒も進むしな!

あー、暇になったら台湾行きてーなー。

関連情報:

魯肉飯 - Wikipedia

コメントを記入