last update

Kindle本が月額980円で読み放題の「Kindle Unlimited」が日本でも開始。対象の本は?

kindle_unlimited_has_released_in_japan_3_sh

Amazon.co.jp は、月額980円で対象の Kindle 本が読み放題となる「Kindle Unlimited」を日本国内でも開始しました。

現在、30日間の無料体験を実施中です。

読み放題の対象となるのは国内12万冊以上の本・コミック・雑誌と、洋書120万冊以上。全ての Kindle 本が対象になるというわけではない点に注意が必要です。

Kindle Unlimited に登録すると、読み放題対象の本の販売ページの右に「読み放題で読む」ボタンが表示されるようになるので、これをクリックした場合のみ、無料で読めるという仕組みです。
kindle_unlimited_has_released_in_japan_5_sh

なお、Kindle Unlimited 登録前でも読み放題対象の本を以下のリンク先から確認できます。

Kindle Unlimited の月額料金は980円。国内で先行するdマガジンの月額400円より高く設定されていますが、雑誌だけでなく書籍もある点をどう捉えるかによってサービスに申し込むかどうかが変わってきそうです。

Kindle Unlimted の雑誌のカバレッジはそこまで多くありませんが、実際に契約して確認したところ、Newsweek、DOS/V Power Report、Mac Fan、LDK、クロワッサン、MEN’S EX、Tarzan、Pen、GOETHE、GQ JAPAN、DIME、WIRED、文藝春秋、Mr.PC、ル・ボラン、CARトップ、ムー、Begin、CGWORLD、週間エコノミスト、家電批評、MONOQLO、デジモノステーション、週刊プロレス、GetNavi、VOGUE などは Kindle unlimited の対象となっていました。

雑誌以外の Kindle 本に関しても、全ての書籍が対象と限りませんので、基本的には Kindle で良く本を読んでいる人が費用の節約のために契約したり、あるいは、Kindle で本をたくさん読みたいけど、Kindle 本の価格がネックで使っていなかった人などが利用するのが良いのではないかと思います。

ちなみに雑誌系を読む場合は、Kindle 電子書籍リーダーではなく、Android / iPad などのタブレットを使うのがオススメです。

雑誌メインの場合、dマガジンが強い感じがありますので、基本的には活字の本を読む人や、技術書を読みたいという事の方が、使いでがあるかもしれません。

コメントを記入