last update

イオンモバイル、20GB以上の大容量プランを最大4,000円値下げ

aeon_mobile_discounts_massive_data_plan

ドコモ系MVNOのイオンモバイルは、10月1日より月間20GB以上の大容量プランを大幅値下げすると発表しました。

最大の値下げ幅となるのは50GBの音声プラン・シェアプランで、例えば15,100円のシェアプランは4,000円引きの11,100円に。また、20GBのシェアプランも、月額6,280円から1,000円引きの5,280円へと改定されます。

9月に入り、大手キャリアが相次いで安価な大容量パケットプランを発表。キャリアの1GB当たり単価がMVNO並みまで迫る中、MVNO各社は大容量プランでの競争力確保が課題となっています。

今回のイオンモバイルの値下げは、このような背景のもと発表されたと推測され、他社 MVNO や 20GB未満の小容量プランへの波及が注目されます。

改定後のイオンモバイルの新料金プランは以下のとおり。

高速データ
通信容量
音声
プラン
データ
プラン
シェア音声
プラン
0.5GB1,180円
1GB1,280円480円
2GB1,380円780円
4GB1,580円980円1,780円
6GB1,980円1,480円2,280円
8GB2,680円1,980円2,980円
12GB3,280円2,680円3,580円
20GB4,980円4,480円5,280円
30GB6,980円6,480円7,280円
40GB7,980円7,480円8,280円
50GB10,800円10,300円11,100円

料金改定は20GB以上のみが対象となっていますが、ここからも同社が超大容量を主戦場と捉えていることが伺えます。

しかし、ドコモの「ウルトラパック」が「2台目プラス」に対応しており、月間10GB程度使う回線を2回線組み合わせて契約するユーザーがいること、そしてキャリアには強力は端末購入サポートがあることも考慮すると、購入する端末が高価なフラッグシップ機であればあるほど、端末を自前で購入する必要がある MVNO が料金で太刀打ちすることは難しくなってきます。また、キャリアとMVNOとでは、カケホーダイや回線品質の差も無視できないため、実際のユーザーが契約をどう動かすのか、その動向が非常に注目されるところです。

イオンモバイルはMVNEとしてIIJmioを利用していますが、他社の料金や小容量プランへの波及、引いては MVNO の淘汰も含め、キャリアが導入した大容量パケットプランの波紋は、今後、大きなうねりにつながるかもしれません。

ソース:

コメントを記入