サムソン、全世界でGalaxy Note 7の電源オフと使用中止を呼びかけ。販売も停止。発火問題で

 

GalaxyNote7

サムスンは11日、同社のファブレット「Galaxy Note 7」 について、全世界のユーザーを対象に電源を落として利用を停止するよう呼びかける声明を発表しました。また、全世界の販売パートナーに対しても、新規販売と交換手続きを中止するよう呼びかけています。

Galaxy Note 7 に関しては、世界各地で発火・発煙・爆発事故が相次いでおり、今回の措置はこの問題が収束しないことを受けたものと推測されます。

サムスンは、今回の利用停止と販売中止について、詳細な原因調査のためとしていますが、市場では、Galaxy Note 7 のバッテリーレイアウトに無理があることが原因と疑う向きもあり、調査と簡単な対処だけで再びユーザーが電源をオンにできる日が来るのか、危ぶむ声も少なくありません。

また、同社の遅すぎる利用中止要請にも非難が集まりそうです。

Galaxy Note 7 は国内未発売モデルのため日本での影響は限定的ですが、世界中で相次ぐ事故が伝えられ、またサムスンの対応が後手に回っていることで、国内の Galaxy ブランドも失墜させかねない事態となっています。

なお、米国では10日に Galaxy Note 7 を Galaxy S7、または Galaxy S7 edge に交換するか、全額返金する措置がアナウンスされています。

今回の Galaxy Note 7 の欠陥問題は、あってはならない事ですので、一刻も早い根本的な解決が望まれますが、同社の経営にも痛手となることは間違いなさそうです。

※米国での返金について追記しました。

コメントを記入