last update

Open Live Writer Build 0.6.2.0 が落ちる場合の対処方法(暫定)

(※この記事は、暫定情報をとり急ぎ書いたものです。今後、更新する可能性があるのでご注意ください。情報の信頼性が低いかもしれないので、コメント欄への情報提供も歓迎します。)

Windows で、唯一、使い物になると言っても良いブログライターアプリ「Open Live Wirter」ですが、どーも Build 0.6.2.0 になってから固まることがめちゃくちゃ多くなった気がするので、暫定ですが、対処方法について書いておきます。

念のため、うちのPC環境を書いておくと、Windows 10 64bit 版 Creators Update 適用済み。

詳細は不明ですが、色々試してみると、どうも、入力した文章をスペルチェックするアプリを一度に複数開いている状態だと落ちやすいように思います。

いや、1つしか開いてなくても落ちるよ。という人は、「Options」→「Spelling」→「Dictionary language」を「(none)」に設定してみて、もの書き系のアプリを Open Live Writer だけにしてみましょう。
openlivewriter_0.6.2.0_crash

あと、使っている IME によっても落ちる頻度が違う気がするので、Microsoft IME に切り替えてみましょう。

どうでしょう。少しは落ちにくくなったことないですか?

少なくとも僕の環境では、これで多少はモノを書こうかな。と思える程度には落ちる頻度が減ったので、情報として共有しておきます。

というか、僕、ただでさえ遅筆なのに、この件のせいでどエラいことになっている気がするんですが…。

なんとなーく、Open Live Writer を複数開いて Google 日本語入力を使っていると、すごくよく落ちる気がするんですよね…。それはまた別の症状かもしれませんが。

つか、build 0.6.0.0 に戻せばいい気もするし、Open Live Write はオープンソースだからビルドでもなんでもしたらいい気もするんだけどね。

アンインストールとインストールを繰り返しちゃった人には使えない方法ですが、一応、アップデート前のバージョンに戻す方法については、こちらの方が書いてみえます。

関連情報・参考情報:

この記事への1件のコメントがあります

  1. きみ says:

    2年前

    こんにちは

    同じ問題が発生してこちらの記事に辿り着きました。これまでBuild 0.6.2.0は全く問題ありませんでしたが昨日Winodows10 Creators updateを適用してから100%発生するようになってしまいました
    こちらの記事にある方法を試してみましたが私の環境では効果がありませんでした
    結局google日本語入力の使用を止めてMS IMEを使用することで問題回避できました

    みなさんの環境で効果があるかどうかわかりませんが一例として私の事例をご紹介しました

コメントを記入