last update 2017年7月6日 20:09

【Android Wear】アプリ毎に通知バイブのパターンを変えられるアプリ「Feel The Wear」。充電忘れ防止機能も

feel_the_wear_review_38_sh

通知の処理が楽になる、ってことで、一度使ったら手放せない Android Wear スマートウォッチ。今回は、その通知のバイブパターンをアプリ単位でカスタマイズしたり、充電開始・完了音を設定できる「Feel The Wear」というアプリを紹介します。

ダウンロードはこちらから。

アプリごとのバイブパターンを設定可。オリジナルのバイブパターンも作成できる

スマホを見る頻度が激減するスマートウォッチはそれだけでも十分便利な存在。ですが、さらに一歩進んで、Feel The Wear でアプリごとのバイブパターンを変えてやれば、通知を見る機会すら減らせますし、かつ、緊急度も判断できるようになります。

例えば、メールの通知は短いバイブを2回、LINEは長いバイブを3回、ハングアウトは長いバイブを1回に、といった細やかな設定が可能です。
feel_the_wear_review_6_sh

また、バイブパターンの選択時に「カスタムパターン」を指定すれば自分だけのオリジナルバイブパターンも作成できます。

これにより、かなり多くのアプリを振動だけで見分けられて便利。タップのリズムを記録すると再現してくれる方式です。
feel_the_wear_review_34_sh

例えば、重要なゲームの通知にだけ特殊なパターンを登録する。といった使い方ができます。
feel_the_wear_review_36_sh

ただし、このカスタムパターンはプレミアム版の限定機能となっています。

ベルトを緩めたときのバイブの弱さを補える

硬めの革ベルトや金属ベルトのスマートウォッチの場合、ベルトを緩めに着けたくなる事がありますが、そうすると今度はバイブを感じづらくなるのが不満、という人は少なくないのではないでしょうか。

そんなとき、Feel The Wear で「未割当のアプリ」のバイブパターンを「ロング2回」または「ロング3回」に設定すれば、バイブをより感じやすくなります。
feel_the_wear_review_29_sh

ただし、こちらの「未割当のアプリ」もプレミアム版の限定機能。プレミアム版は230円から購入可能で、470円と700円のプランもありますが、いくら払っても機能は変わりません。
feel_the_wear_review_14_sh

230円なら大した値段ではないので、買った方が何かと便利と思います。

充電開始・完了時に音を鳴らす機能が超便利

クレードル充電の Android Wear 機でよくある「朝起きたら充電されてない!」という症状。その原因である「クレードルにちゃんとはまっていない」を防止する機能が Feel The Wear には用意されています。

残念ながらプレミアム版の機能になりますが、充電開始時と完了時に Android Wear のスピーカーから音を鳴らせる機能がそれ。

設定は、「設定」→「Watch Battery Notifications」からできます。
feel_the_wear_review_27_sh

サウンドの種類も選択可能。充電時にはこの音をちゃんと確認すれば、充電忘れに役立ちます。

また、充電が完了すると音で知らせてくれる機能もあるので、必要に応じて合わせて設定してもよいでしょう。

なお、これらの機能はスピーカー搭載の Android Wear 機でのみ使えます。

 

ここでTIPSをひとつ。

このアプリをインストールしてから通知時に時計の画面がONにならなくなった気がしました。確認したところ、「設定」→「時計画面をオンにする動作」をオンにすれば解消したので合わせて設定しておくと良さそうです。
feel_the_wear_review_33_sh

逆に言えば、通知が来ても自動で時計の画面がONにならない方が、バッテリーの持ちは良くなると思われます。

この他にも、画面をONにする時間の長さのカスタマイズや、時報をバイブで知らせる機能など、かなり盛りだくさんな Feel The Wear。

全機能を紹介するのは大変なのでこのくらいにしておきますが、なかなか使いがいのあるアプリで、Android Wear の必携アプリのひとつと思います。

検索用キーワード:moto 360 2nd gen, Huawei Watch, ZenWatch 3, Fossil Q, LG Watch Style

コメントを記入