【Windows 10】ウィンドウ最大化・最小化、全画面モード切り替えのキーボードショートカットまとめ

last update 2021年6月4日 13:05
Fullscreen sign icon and people hand. Arrows symbol. Icon for App

Windows 10 で、デスクトップアプリのウィンドウを最大化・最小化したり、ストアアプリの全画面モードを ON/OFF 切り替えするキーボードショートカットについてまとめておきます。

アプリウィンドウの最大化・最小化

Windows 10 で、デスクトップアプリのウィンドウを最大化・最小化するキーボードショートカットは以下のとおりです。

  • 最大化:「Win」+「↑」
  • 最小化:「Win」+「↓」

間違って最小化してしまったウィンドウは、すぐに「Win」+「↑」を押せば元のサイズに戻せます。(キーボードショートカットで最小化した場合のみ)

また、最大化後に最小化のショートカットを押せば、ウィンドウを元のサイズに戻せます。

他にも、ウィンドウのサイズ変更のキーボードショートカットには、以下のようなものがあります。

  • 縦方向のみ最大化:「Shift」+「Win」+「↑」
  • 左半分に寄せる:「Win」+「←」
  • 右半分に寄せる:「Win」+「→」
  • 左上に寄せる:「Win」+「←」の後に「Win」+「↑」
  • 右上に寄せる:「Win」+「→」の後に「Win」+「↑」
  • 左下に寄せる:「Win」+「←」の後に「Win」+「↓」
  • 右下に寄せる:「Win」+「→」の後に「Win」+「↓」

デスクトップアプリの全画面モード切り替え

一部アプリでは、単なるウィンドウの最大化だけでなく、全画面モードの切り替えも以下のショートカットでできる場合があります。

  • 「F11」

全画面モードでは Windows のタスクバーやウィンドウのタイトルバー、また場合によってはメニューバーまで隠せる場合があり、画面をより広く使えます。

これは、Microsoft Edge、Google Chrome、Firefox などのブラウザアプリで便利な機能です。

ストアアプリの全画面モード切り替え

ペイント3D や Microsoft Store からダウンロードする、いわゆる「ストアアプリ」の場合、以下のキーボード操作で全画面モードに切り替えることができます。

  • 「Win」+「Shift」+「Enter」

全画面切り替えはトグル動作ですので、戻すときも同じ操作でOK。

なお、この操作が有効なのは UWP のみアプリで、全てのソフトで使えるわけではありません。

なお、旧バージョンの Microsoft Edge ではこの方法でしか全画面モード切り替えができなかった時代がありますが、現在は「F11」キーなどで切り替え可能となっています。

コメントを記入