last update 2017年8月2日 9:50

知られざるIKEAの返品・返金・交換ポリシー(レシート無しの場合など)

ikea_refund_policy_8_sh

今回は、ちょっと検索してもなかなか見つからないであろう、IKEA の細かな返品・交換ポリシーについてまとめておきます。

返品・交換には原則レシートが必須

まずは、基本となるIKEAでの返品・交換の条件をまとめておきます。

  • 返品、交換には、購入時のレシートが必要
  • 店頭での返品・交換は、その商品を購入したIKEA店舗でのみ可
  • 購入から365日以内、未使用で商品に問題なければ返品可能(例外商品あり)
  • 枕、掛け布団、マットレス(以下、寝具と記載)は、90日以内なら同種の他商品と交換可
  • 交換時の差額は、ギフトカードで返金
  • クレジットカード決済した商品の返品時は、カード名義人本人が決済時のクレジットカードを持参する必要あり

クドいようですが、IKEAでの返品・交換には購入時のレシートが原則必須です。というのも、システム上、返品カウンターでの処理時に、レシートに書かれているコードから購入時の価格を拾う仕組みとなっているからです。

では、レシート無しの場合はどうなるのか?という部分を次にまとめておきます。

レシート無しでの返金・返品処理について

条件は明かせませんが、IKEAでは例外的にレシート無しでの返品に応じることがあります。

以下に、その際の基本的なルールを書いておきます。

  • レシート無しでの "交換" はできない。一旦、ギフトカードで返品処理 → 再購入の流れとなる
  • レシート無しでの返品時は、購入時の価格ではなく、直近1年間の最安販売価格で精算される
  • 例外的に、直近1年間の最安販売価格ルールが適用されない場合がある
  • 購入日がある程度覚えている必要がある
  • 金額分がチャージされた「REFUND CARD(リファンド カード/リターンカード)」で返金される

セールで値段が変わることも少なくないIKEAですから、返品時に商品だけを持ってこられても、一体いくら返せば良いのか分からない、という問題は間違いなくあるでしょう。購入金額を確認する意味でも、レシートは必須なわけです。そして、レシートが無い場合は直近最安値でのリファンド、というのは合理的な仕組みと思います。

リターンカード/リファンド カードについて

ikea_refund_policy_9_sh

IKEAで返品すると、現金での返金ではなく、「REFUND CARD(リファンド カード/リターンカード)」というIKEAでのみ使えるギフトカードでキャッシュバックされます。これは、交換による差額が発生した場合も同様です。

リターンカードは、IKEAギフトカードのようなプリペイドカードですが、再チャージできないなどの違いがあります。

以下に特徴をまとめておきます。

  • リターンカードは再チャージ不可能なプリペイドカード
  • リターンカードの残高の有効期限は3年間
  • 発行されたリターンカードは、IKEA全店で利用可能
  • リターンカードは、利用残高がゼロになると、店舗に回収される(経験上)

ikea_refund_policy_11_sh

なお、返品・交換についての最新情報は、IKEA の公式情報や電話サポートなども確認した方が良いです。

噂によると、IKEAのアフターサービスはかなり悪いとも聞いていたのですが、結論から言えば、全然そんなことはなく、かなり満足度は高いものでした。

関係ないですが、IKEAのシングルサイズって国内ではセミシングルと呼ばれているサイズなんですね。幅が100cmじゃなくて90cmという。セミダブルやダブルは一般的なサイズなので問題ありませんが、購入するときは気をつけてください。

コメントを記入