last update 2017年9月15日 21:01

一瞬で家カレーが完成する。永谷園の「超ふりかけ カレー」が謎凄い

nagatanien_tyou_furikake_curry_16_sh

「なんだか今日はカレーの気分だなー。しかも、家カレー。」

なんて気分の時ってありますよね?でも、家カレーを作るのって意外と面倒。ということで、今回は、家カレーを食べた気分になれる。かもしれない謎の「ふりかけ」を紹介しておきます。

こちらがその「超ふりかけ カレー」。味ひとすじ、永谷園の製品ですな。
nagatanien_tyou_furikake_curry_17_sh

いきなり、「かむたび 旨さ とろけだす」という、ふりかけっぽくない謳い文句がお出迎え。よく目を凝らさないと「ふりかけ」の文字が見あたらないあたりもなかなかに覚悟が決まっています。密封チャックがなかったら、うっかりレトルトカレーと勘違いしてしまいそうです。

というわけで、早速ごはんを用意。この時点では、まだカレーじゃありませんが、
nagatanien_tyou_furikake_curry_4_sh

次の瞬間、ハイ!もうこれで家カレーになりました。
nagatanien_tyou_furikake_curry_5_sh

拡大すると、まずゴマが目立ちます。が、それ以外にも謎フレークが大量にIN。
nagatanien_tyou_furikake_curry_12_sh

食べた感想は、まさに「家カレー」。ホテルのカレーでもレトルトカレーでもココイチのカレーでもなく、「家カレー」の味と食感。と脳が錯覚する味覚迷彩的な物体になっています。

んー、もっとちゃんと書かないと伝わらないなー。えーとですね、何がスゴイって、味だけじゃないんですよ。不思議なんですが、なんとなーく、あの食感までもが再現されているかのように錯覚してしまう。パッケージに書かれていた「かむたび 旨さ とろけだす」というのはウソじゃなくて、ホントに謎配合のふりかけなんですよね。

まさに、具がゴロゴロと入った家カレー、あの食感をふりかけで再現しようとした、少なくともその鱗片を感じる凄い仕上がりになってるんですってば。

ということで、本当にオススメの食べ方はこちら。混ぜ食べ最高。
nagatanien_tyou_furikake_curry_14_sh

みなさんにはですね、ぜひ、お行儀よく切り崩して食べるのではなく、混ぜて食べていただきたいわけです。

まぁ、色々と思う人もいるだろうけども、こういうのって言い切っちゃうのが大切ですからね。いいですか?言い切っちゃいますよ。

「僕はレトルトカレーを掛けるより、こっちの方が家カレーの味がすると思います!」(言っちゃった)

でもまぁ、それもそのはず。このふりかけ、原材料を見てみると、本当に人参もオニオンも入ってるし、ポークエキスもビーフエキスも人参エキスもオニオンエキスも入ってる。
nagatanien_tyou_furikake_curry_1_sh

ちなみに肉系で一番多いのはポークエキス。だから、僕みたいな貧乏舌には「これぞ、思い出の家カレー」と思えてしまうのかもしれません。

というわけで、ビーフカレーが中心だったお嬢ちゃんお坊ちゃん育ちには共感してもらえなさそうな気もしますが、大鍋で適当に作った母の味をカレーだと思って育った人なら、そして、これがふりかけであることを考えれば、驚異的なカレー感を感じてもらえる事は間違いないと思います。

あと、ふりかけだから、食べたくなったらすぐに食べられる、ってのも本当に凄いと思うんですよ。レトルトカレーを温めるより早いですからね。もはやSFチックなレベルにすら到達しているわけです。

もう、「家カレー欲」をすばやく鎮めてくれる速攻処方のお薬として数袋は常備した方がいいんじゃないか。という感じで、このところ、我が家でも2袋くらいはずっと置いてある状態のこちらの商品。ネットで買うよりも店頭の方が安い事が多いんですが、正直、置いている店はかなり少ないので、コスパ重視の方はかなりがんばって探してみてください。

実を言うと、しばらく前から食べてるふりかけなんですが、冷静に考えたら「これを紹介しないで何のブロガーだよ」と、ふと気がついたので記事にしてみました。

超ふりかけシリーズには他にも種類がありますが、その中でも、個人的にはこのカレーが一番の出来。というか、このシリーズ以外でも、ここまでの完成度のものはちょっと思いつかないんですよね。

関連情報:

コメントを記入

CAPTCHA