last update 2017年9月20日 20:04

Fire HD 10タブレット(2017)はどこが新しくなったのか、仕様を比較

fire_hd_10_2017

この度、Amazon から発売された Fire HD 10(2017)タブレットについて、2015年モデルからの仕様変更点をまとめておきます。
(※仕様変更箇所は太字の部分)

端末Fire HD 10 (2017)Fire HD 10(2015)
画面サイズ10.1 インチ10.1 インチ
画面解像度1920x1200 IPS1280x800 IPS
HD解像度サポートHD 1080p HD 720p
RAM2 GB1024 MB
SoCMediaTek MT8173MediaTek MT8135
CPU64bit クアッドコア
・2 x ARM Cortex-A72 1.8 GHz
・2 x ARM Cortex-A53 1.4 GHz
クアッドコア
・2 x ARM Cortex A15 1.5 GHz
・2 x ARM Cortex A7 1.2 GHz
GPUPowerVR GX6250PowerVR G6200
WiFi802.11 a/b/g/n/ac
(デュアルバンド)
802.11 a/b/g/n/ac
(デュアルバンド)
外部ストレージMicroSD
最大256GB
MicroSD
(最大128GB)
Bluetooth4.1 LE 4.0 LE
位置情報サービスWiFi ベースWiFi ベース
前面カメラ0.3 MP HD 720p
背面カメラ2 MP 5 MP
マイク
マルチタッチ5 ポイント10 ポイント
加速度計
コンパス
ジャイロスコープ
光センサー
近接センサー

2015年モデルからの性能アップは、フルHD対応、メモリ倍増、CPU世代交代、Bluetooth 4.1 LE 対応、といったところ。

一方で、カメラやジャイロスコープ、10点マルチタッチなど、Fire タブレットユーザーがほとんど使わないであろう機能は、大胆に削ぎ落とされました。

実際のところ、Fire タブレットは  Amazon プライムビデオを見るなどのライト用途がメインになりやすい機種ですから、これはこれで問題ない人が多いのではないでしょうか。

とりあえず、多くの人にとってはフルHD対応がもっとも大きな恩恵という形になりそうです。

ちなみに現在、プライム会員限定で4,000 OFFとなるキャンペーンが実施中。クーポンコードは「PRIMEFIRE10」です。

それにしても、Fire シリーズが採用している Fire OS は相も変わらず Android 5.1ベース(APIレベル22)のままですが、Amazon は今後どうするつもりなんでしょうね。

コメントを記入

CAPTCHA